スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもは盛り上がり、親は困惑する『妖怪ウォッチ2真打』

ミニコラム・雑記
11 /27 2014

あくまで私の周辺での話ですが、
『妖怪ウォッチ2真打』が物議を醸しています。

それは、子どもたち(『妖怪ウォッチ2元祖/本家』を購入済み)と大人の温度差。

友達同士で結束して、「『妖怪ウォッチ2真打』を絶対買うぞ!」と意気揚々とする子どもたちに引き換え、
ゲーム内容はほぼ一緒のゲームを買うことに躊躇を覚える親。

どうせ5000円程度のゲームソフトを買うなら、
親の目線で言えば、似たようなものをまた買うよりも、
新しい内容で長く遊べるものの方が良いに決まっています。
「それならポケモン買った方が良いんじゃ…?」というのが、
私の兄、つまり子どもたちの親の意見だったりします。
でも、頑として「『妖怪ウォッチ2真打』が欲しい!」と主張する子どもたち。

さて、クリスマスに子どもたちの元に届くゲームソフトは一体何なのか?
全国のサンタクロースの決断を楽しみにしたいと思います。



★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。