スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームを遊ぶハードル。

ミニコラム・雑記
01 /21 2015
002_201407041929220b6.jpg

スマホゲームの人気然り、テレビドラマ、テレビアニメの人気然り。
日常的な趣味となると、何かをしながら楽しめる「ながら趣味」が主流のように思います。
いや、趣味というより、もう日常の一部になっているのかな?
スマホゲームは片手での簡単操作が可能なのはもちろん、
適度にゲーム内での停止が可能ですよね。

例えば、パズルゲームならパズルを動かす間と間には時間制限がなく、
1ステージを遊び終えるまで手が離せない。なんてことはないですよね。
極端に言えば、突然電話がかかってきてもすぐに中断できるくらいの手軽さがあります。
テレビドラマも、ご飯を食べながら、料理を作りながらと、
何かをしながらでも楽しめる趣味だと思います。


001_20140704192921a9e.jpg

私も愛用しているスマホゲームがあるのでわかるのですが、
この片手間でできる遊びってやっぱり強いです。
片手間でも遊べるんだけど、どっぷりハマって長時間遊ぶこともできる。
携帯やテレビって、日常の中に当たり前にあるものなので、
遊ぶためのハードルが限りなく低い状態だと思います。

で、人間って一度便利なものに触れるとなかなか元には戻れないので、
家庭用ゲームを遊ぶハードルは昔から変わっていなくても、
むしろ、そのハードルを下げる努力をしていても、
現代では高すぎるくらい家庭用ゲームを遊ぶということが大袈裟になっているように思います。

実際、私はゲームを遊ぶ時はある程度の時間を確保できないと遊びません。
10分、15分程度の空き時間ならスマホの方が都合が良いですし、
外では、周りの目もあってスマホの方が弄りやすいです。
家庭用ゲーム機を趣味の筆頭に置いている人であれば、
休日にゲームに大きな時間を割きますが、
多くのそうでない方たちは、スマホゲームで十分に満足できてしまうのではないでしょうか?

私は、スマホゲームと家庭用ゲームを別に考えていますが、
一般的には、「どっちも同じゲーム」でしょうしね。



なので、ちょっと興味がある程度では遊びづらい娯楽になっているんですよね。
価格的にも時間的にも。
携帯ゲーム機を普段から遊んでいる人であれば、
「ハードルはそんなに高くないよ!」と言いたくなるでしょうが、
それはあくまで、普段から遊んでいる人からすると、という話です。

どうぶつの森が気になる。牧場物語が気になる。という女性の声はちらほら聞きます。
しかし実際に遊んだ人は、私の周りには1人もいません;
面白いんだけどなー。

今スマホゲームに触れている子どもたちが大人になった時、
ゲームという娯楽はどんな形をしているんでしょうね?




★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆pecoさん◆
そうですね。
むしろ、タッチジェネレーションで任天堂が獲得した、
「普段ゲームを遊ばない層」は、スマホゲームの方が相性が良いでしょうし。

スマホゲームには、家庭用ゲーム機とはまた違った面白さを感じています。
スマホゲームは”終わらない”ので、
あまり複数のタイトルを遊ぶことができませんけどね;

この先のゲーム業界は本当に予測できませんね。
大がかりなものとなると、アーケードゲーム向けのようにも思いますし、
そもそも、テレビがどうなっていくかもわかりません。
ただ、そんな先のことを真面目に予測するのは、
ちょっと面白いなと思っています。

No title

スマホゲームが浸透した事でゲーム人口が増えたものの、
スマホゲーム止まりの人が増えただけなんですよね。
そういった方々をうまく家庭用ゲームへと移行出来ないものか、
任天堂は特に頭を悩ませている最中かもしれません。

私自身、根っからのゲーマーで家庭用ゲームを応援したい反面、
最近のスマホゲームって食わず嫌いさえしなければ
割りと遊べるものだと感心しました。それでいて基本無料ですもの。
家庭用はまず金額面での壁が高くそびえていますから難しいです。

素人考えですが、将来的にはキネクトの様に疑似体験が出来て、
エンターテイメント性の強い物、大掛かりな物になっていくのかな~?
なんておぼろげながら思っています。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。