スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るろ剣V2!弱虫ペダルが大健闘!2014年9月第4週の映画ランキング

今週のゲーム、映画ランキング
09 /25 2014
週間映画

densetunosaigohen.jpg
1位 るろうに剣心 伝説の最期編


sarunowakusei raijingu
New 2位 猿の惑星:新世紀(ライジング)


sutandorbaimi-.jpg
3位 STAND BY ME ドラえもん



New 4位 柘榴坂の仇討


rupan.jpg
5位 ルパン三世


ga-delianzu.jpg
6位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー


maikoharedeli.jpg
7位 舞子はレディ


rurounikensin taika
8位 るろうに剣心 京都大火編


hotoro-do.jpg
9位 ホットロード


ru-si-.jpg
10位 LUCY ルーシー



トップは先週と変わらず、るろ剣完結編が2週連続1位を獲得。
さすが、今年度ナンバー1のスタートダッシュを見せてくれただけのことはあります。
ただ、前週比45%とかなりの下落率
超人気作は、90%以上を記録することが多いので、この数字は少々心配ですね
それだけ、京都大火編が面白く、待望感が強かったということなので、
作品としては有難いことかもしれませんね。

ちなみに、京都大火編、伝説の最期編を合わせて70億超えとなっており、
1作目を合わせると100億円を達成しています。

2位には、猿の惑星の新作が登場。
最終的には15億が射程圏内となる手堅いスタートとなっています。
内容の方は、こちらもなかなかの好評価揃いなんです!
猿と人間。種族が違うとはいえ、共存しようと思うもの、排他的思想を持つ者、そして、強硬派と、
様々な思想が入り混じり、「存在しない悪」の中で争いが起こっていくというもの。
同じ種族で争いを繰り返す人間のそれを、猿と人間という形を通して伝えており、
警鐘を鳴らす内容になっているようです。
猿の惑星って、あんまり興味なかったんですが、
これは見たくなってしまいました!

4位の新作も紹介したいんですが、それより何より、
ものすごいスタートを切った作品があります。
それが『弱虫ペダル Re:RIDE』。惜しくもトップ10にランクインできませんでしたが、
11位に登場しています。
何がすごいかというと、この映画、上映館がたったの10館でこの成績なんです!
1劇場に対する興収でいうと、どの作品をも凌ぐスタートとなっています。
この映画の存在は知っていたのですが、普段の深夜アニメ映画に比べても、
極端に上映館数が少ないので、ご紹介していませんでした。

この作品は人気漫画のアニメ化、そして映画化された作品で、
自転車レースを題材にしたもの。
若い女性の自転車人気を後押しするなど、なにかと話題の作品です。
いやー、さすがにこの上映館数では結果もしれているかと思ったんですが、
本当に、アニメファンの熱量はすごいなぁ!

そういえば、私の妹がドラえもんを観てきたので感想を聞きました。
前評判通り、名作が団子繋がりになった作品で、感動の押し売りに感じたそうです。
自分と感性の近い家族がそう感じたのなら、やっぱりこの作品にはあまり期待できないな。
そんな作品が多数の国で公開が決まっているというのは、
日本人としては少々複雑な気持ちです;
それでも、話題作なので、ディスクのレンタルが始まったらチェックしようと思います。
結局、観てないのに愚痴言うなんて筋が通ってませんからね!




★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。