スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマブラが初週100万本を達成!アナ雪のアトラクションが計画中?ゲーム、映画情報をお届け

情報いろいろ
09 /18 2014
[ゲーム]

おめでとう!スマブラが初週100万本を達成

先週の土曜日に発売となった『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』が、
初週売り上げ100万本を達成したことが明らかになっています。
ただし、ダウンロード版を含め。という注意書きがあるので、
パッケージ版のみでは、まだ100万本には達していないようです。
既に100万本強を出荷しているらしいので、
パッケージ版だけでも100万本を達成するのは、そう遠くないと思われます。

3DSで初週売り上げ100万本を達成したのは、
モンハン4、ポケモンXY,妖怪ウォッチ2に続いて4作目。
スマブラシリーズでは、最高の出足となったようです。

明るいニュースは良いですねぇ~。
ハードを3DSに変更しても、きちんと成果が出たようでなによりです。

アマゾン:大乱闘 スマッシュ ブラザーズ for ニンテンドー 3DS


ニンテンドー ロゴ
まだあった!朝日、今度は任天堂のインタビュー記事を捏造

最近、悪い方でなにかと話題になっている朝日新聞ですが、
任天堂へのインタビュー記事を捏造していたことが明らかになっています。

どういうことかと言いますと、2年ほど前に、
スマホの台頭に対し、コンシューマーはどう立ち向かっていくのか?というインタビューを大手3社に打診。
任天堂からはNGが出たのですが、
あろうことか、ホームページなどに記載されている岩田社長の発言を編集し、
さも自分たちがインタビューしたかのように作り上げた。ということです。

もちろん、捏造自体が新聞社として許されることではないのですが、それ以上に、
当時、この件について任天堂から講義があったそうで、朝日は謝罪していますが、
一般に向けては、捏造の事実や訂正の説明は一切なしのまま2年放置していたということです。
今回、様々な疑義が発生して、この件も明らかになりましたが、
これがなければ、世に出ることはなかったのでは?と考えてしまいます。

私は、ゲームに関しては情報収集が下手で、基本公式ホームページを参考にしているので、
よくわからないのですが、
これって氷山の一角だったりするのかもしれませんね。
素人は情報の真意を確かめる能力に長けていないにも関わらず、
今は、SNSでデマがあっという間に拡散してしまいますから、
情報をきちんと見極める目を持たなければ。ということなんでしょう。




3DS『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』体験版が配信予定、初回購入者特典も

3DS『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』は、体験版を配信する予定だそうです。
体験版では、製品の序盤を遊ぶことができ、シングルプレイ以外にも、
ローカル、インターネットのマルチプレイも可能なんだとか。

気になっている作品の体験版配信は非常にありがたいですね。
逆に言えば、この体験版が購入するか否かの鍵を握っているとも言えます。
配信日は現在未定です。

また、早期購入特典として、3DS版初代『ファイナルファンタジー』のダウンロード番号が付属することが明らかになっています。




[映画]
beima.jpg
ディズニー『ベイマックス』声優が決定!菅野美穂&小泉孝太郎

ディズニー新作『ベイマックス』の日本語吹き替え版の声優が明らかになっています。
今回明らかになったのは、菅野美穂と小泉孝太郎
小泉孝太郎は、主人公ヒロの兄、
菅野美穂は、両親を亡くしたヒロ兄弟の叔母で、母親代わりの役どころです。

菅野美穂さん演じるキャスは、ラストシーンのラプンツェルそっくりですね。
ディズニーはキャラクターの書き分けが得意ではないのかな?
それとも、主人公が引き立つようにあえてモブの印象を薄くしているんでしょうか?

日本のエッセンスがふんだんに盛り込まれている『ベイマックス』。
12月20日の公開が楽しみです。


[その他]
・ 『アナと雪の女王』のアトラクションが米ディズニーで計画中

・ LINE発の小説『世界から猫が消えたなら』が宮崎あおい&佐藤健の初共演で映画化決定




new_001_2013121603452905c.jpg
▼ 死にかけた

「死にかけた」と言っても、またまた~!なんて言われちゃいそうですが、
まじで死にかけました;

この連休に甥っ子たちも含め、家族みんなでキャンプに行ったのですが、
車が崖から落ちそうになったんですよ。
夜だったので、道が見えづらく崖の方に突っ込んじゃって、
車体が大きく前方に傾きました。

運転手以外は、素早く降車しましたが、
車は傾いたままで、サイドブレーキのみでは、そのまま落下してしまいます。
あれは…、そう、ジェットコースターが昇っていく位の傾斜と変わりなかったと思います。
かなり急だったので、運転手がブレーキペダルを踏んでいないといけない状況で、
正直私は、「(運転手が)このまま死んでしまうのでは?」とすごく怖かったです。
最終的には、車も運転手も無事だったんですが、
子どもたちは泣き叫び、大変でした。
今となっては、忘れられない思い出だよね。と笑えますが、
「生きてて良かった」なんて、心底思ったのは初めてです。

生きてるうちに、やりたいことやっとかなきゃダメだな。



new_001_20140526214631837.jpg

◆問題◆
『~ゆき姫救出大絵巻~』、『~ネオ桃山幕府のおどり~』、『~大江戸大回転~』などの副題がついている、
人気シリーズ作はなに?
(今回は四択じゃないよ)

正解は…、















がんばれゴエモン でした!
実は、私、ゴエモンを遊んだことがないです。
和風な世界観が好みなので、興味はあるんですが、
どれが面白いのかわからない…。




★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
ありがとうございます!
いや、本当に怖かったです。
あぁいう体験は、もうしたくないですね;
運転していた家族も「もう夜は運転しない」と宣言していて、
かなり懲りているようです。
家族内では、甥っ子が、キャンプのことではなく、
そのハプニングのことを絵日記に書くなど、
ネタ化していますが。笑

え!?そんな危険な目に遭ったんですか!?
僕もバス旅行で山脈地帯を走行中にそんなことがありました。
すごく焦りましたよー。
山道は危険ですので、慎重に行かないといけませんね(;゜∀゜)
何より、無事で良かったです♪

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。