スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数値的な難易度上昇に魅力を感じない。

コラム
11 /18 2014
私は以前に、「難易度はもう少し低い方が良い」という話をしたんですが、
突き詰めて考えてみると、この言い方には、語弊があるなと感じました。

端的に言うと、
敵の体力、攻撃力が増えるだけのような、
数値だけを強化した難易度上昇を好きになれないんです。

私は、RPGでもアクションでも、難易度が選べるのなら、
「易しい」、もしくは「EASY」を選んでしまいます。
これって、レアアイテムをドロップするようになるなどのご褒美があったとしても、
結局、相手の耐久力が上がるだけだと思ってしまうんです。
※全てのゲームには当てはまらないと思いますが。

この難易度上昇で、私のゲームプレイの何が変わるかというと、
レベル上げに費やす時間が増減するだけなんですね。
相手の耐久力が増えた分は、レベル上げで補うので、
無駄にプレイ時間を増やしてしまうだけです。
であれば、わざわざ「ノーマル」や「ハード」を選択する意味はありません。

私がアクションゲーム好きだから。という部分が大きいと思いますが、
ギミックや相手の攻撃方法の変化による難易度上昇が一番好きです。

ゲームは、進めていくごとに、難しくなっていきますが、
例えば戦闘であれば、
敵の耐久力上がる、被ダメージが異常に高くなる。そういった難しさよりも、
アクション面でよりシビアなタイミングを求められる、
敵の攻撃が激しくなり、スキが少なくなる、
攻撃を避けるのが難しい、などの動かす楽しさのある難易度上昇が楽しく感じます。
まぁ、敵の数値が上がることで、よりミスの少ないプレイを求められるので、
全部を否定するわけではありませんが、
結局、回復→攻撃→回復→攻撃とパターン化してしまうんですよね。

よく考えてみると、RPGのクリア後要素、裏ボスやボスラッシュは早々に飽きてしまうタイプの私ですが、
2D、3Dマリオのやり込み要素は全部遊んでしまいます。
それって、新しい高難易度の遊びが待っているからで、
きっと、同じことの繰り返しは、自分には合わないんだろうな。

関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
そういっていただけると嬉しいです^^*
ありがとうございます!
長時間プレイしているゲームは、
数値的な問題だと感じることが多いですね;
それこそ、実際に強敵に立ち向かっている時間よりも、
そこに行くまでの準備の方がよっぽど時間がかかってしまうという…。

個人的に、裏ゼルダは理想的なハードモードだと思いました♪
作る側はとんでもなく大変そうですが、
謎解きが一新されているのには驚きました!

No title

どうしましょう・・・共感出来過ぎて、何を書こうか逆に迷ってしまいました^^;
パラメーターを弄っての難易度アップって安易ですよね。
新しい素材を何も作っていないのに、
パラメーターの調整次第でプレイヤーのプレイタイムを変更出来てしまう。

それよりも新しい素材を使った難易度アップが魅力的です。
ここはもう、本当にわにやまさんと同じ考えです。

やり込む事で新しいギミックなどが追加されるのであれば、それ見たさでつい頑張ってしまいます!
例えば収集アイテムを全部集めたら新しいステージが出現するとか♪

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。