スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者には良さがわかりにくいかもしれない。『LIFE!』短評

映画短評
10 /08 2014

本日は、2014年公開『LIFE!』の感想を、映画短評としてお届けします。

☆ 吹き替えは観ない方が良い。
【物語】出版社のフィルム管理をする主人公が、紛失したネガを探すため、どこにいるかもわからない写真家を追って世界へと飛び立つ。

この映画は、若者には魅力がわかりにくいのかもしれない。と、
やや若者の私は思いました。
というのも、主人公は、何十年も同じ会社に勤めるサラリーマン。
そんな、会社のいち歯車である彼が、会社を離れて世界中を巡るという、
「抑圧と解放」は、若者には想像しがたいものがあるのだと思う。

そこで少々、温度差は感じるものの、無性に旅に出たくなる映画でしたね。
普通のサラリーマンが、写真家を探すために、ヒマラヤやアフガニスタンへ赴くのですが、
どこも絶景で、見ていて気持ちが良いです。
勘が良い人からすれば、先が読めてしまうのは残念ですし、
全体的に地味な印象は受けますが、恋愛も絡んできて、結構楽しめます。

主人公は空想癖があり、主人公に都合の良い展開→夢落ち。という演出があるのですが、
中盤からは、「またこれも空想でしょ?」と思ったら、本当の出来事だったりするので、
巧いなぁ!と感心してしまいました。

私は、洋画は字幕派なのですが、
この映画、吹き替え版がえらく酷評されているようなので試しに少し観てみました。
あぁ、これは酷いね。
主人公の吹き替えは岡村隆史さんが担当してらっしゃるのですが、
下手だし、関西弁だしで、「この映画をどうしたいの!?」って感じ。
昔、CMで、映画のワンシーンに全然関係ないセリフを当てて面白おかしくしたホットペッパーのCMがありましたが、
まさにそんな感じ。
笑っちゃうくらい映画と合っていないので、試しに観てみるのは良いかもしれませんが、
全編吹き替えで見るのはオススメできないかな。


LIFE! / ★★★★☆☆☆☆☆☆ 星4コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。
アマゾン:LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。