スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルダを遊んでいるという感覚はないが結構楽しい!WiiU『ゼルダ無双』速攻レビュー

速攻レビュー
08 /19 2014

本日は、先日発売になったWiiU『ゼルダ無双』の感想を速攻レビューとしてお届けします。

■はじめに
筆者は無双シリーズをプレイしたことがありません。


new_001_20140818193426a51.jpg

まずはムービーから始まるのですが、みなさんお気付きですか?
風のタクトのような等身の低いキャラではない、ゼルダの伝説のゲームがWiiUに登場するのはこれが初めてなんです。

見てください!この3Dゼルダと見まがう出来を!!
綺麗だ!
不覚にも、来年に発売を控えているゼルダの伝説新作の方に気持ちがいってしまいそうになりました。

いや、でも、本当に綺麗ですね。
これはテンションが上がります。
リンクは超イケメンになっていて、インパもめちゃくちゃ格好良い。
コーエーテクモがゼルダを作るとこうなるんだなぁ。としみじみ思います。



new_009_20140818193425903.jpg

で、ゲームを始めるのですが、いかんせん無双シリーズ初プレイなもので、
結構戸惑いました。

このゲームは、ステージクリア型で、各ステージはゼルダの伝説に縁のある場所になっています。
前情報の通り、ゲームの内容は無双だと思っていいようです。
簡単操作で敵をバッタバッタ!となぎ倒していくのは気持ち良いですね。
多くの敵を巻き込んでの攻撃は爽快感があるので、敵の大軍を見かけると嬉しくなります♪

いくつもある敵陣地の中ボスを倒すことでエリアを制圧していきます。
で、最後にはボスと戦闘。という流れ。
プレイ中にもどんどん戦況が変化していくのですが、
これが始めは難しかったですね。

「苦戦している!助けてくれ!」という救援信号が出るのですが、
一体どこで起こっていることなのかがわからない;
マップはあるのですが、自分も目の前の敵と戦っているのでそちらを見る暇がないんですね。
後で見ようと思っても、その時にはもうマップから印が消えている。なんてことは多々あります;

これはどうやら慣れのようで、操作が簡単なので、よそ見をする余裕もできて、
救援信号が出たときにマップで場所を覚えておくことで、徐々に要領を掴めました。



new_003_20140818193428a9f.jpg

先ほども書きましたが、本作は戦況がどんどん変化していきます。
一度制圧したエリアでも、再び敵に占拠されてしまうことだってあるわけで、
のんびり自分のペースで遊ぶというタイプのゲームではないですね。

あっちゃこっちゃで救援信号がでるわ、自分もやらなきゃいけないことがあるわでかなり忙しいです。

誰かを護送したり、味方の陣地に襲い掛かるボスを足止めしたりと、
戦況の変化を利用したミッションが突発的に起こるのは、新鮮です。
奥へ奥へと進んでいくというよりは、戦況に応じて、箱庭マップを走り回る感じです。
すごく遠い所から救援信号が出たら無視することもあったりなんかして…。笑

ま、全エリアを制圧することが目的ではなく、出題されるミッションをこなしていけば、
最後にはボスが出現、撃破でクリアできますからね。


new_004_201408181934290b3.jpg

無双と言えば、簡単操作で派手な技をバンバン出せるところですが、
その辺りは、シリーズ初心者からすると、「おぉ~!すごーい!」と感激できます!

まぁ、まず絵面がすごいですよね。
敵何体いるの!?と突っ込みたくなるほど、わらわらと出現する敵!敵!敵!
それらをなぎ倒して行けちゃうわけですから、
自分がめちゃくちゃ強くなったような気分を味わえます。

操作は、2種類のボタンを連打することでコンボが繋がっていくというもので、
個人的には「B+B+B+Y」が好き。
最後の「Y」の時に、華麗な一撃を繰り出してくれるからすっごく気持ち良いんですよ!
これがもうすでに必殺技のような派手さなんですが、
敵を攻撃していくことでゲージを溜める必殺技は、攻撃範囲が広く、
より多くの敵を巻き込めるのでもっと派手で気持ち良いんですよね。



new_005_20140818193424675.jpg

コラボタイトルですから、ゼルダっぽい要素の有無も気になるところですね。
Z注目やアイテム、スタルチュラなど、それっぽい要素はありますが、
個人的には、「Z注目があるからゼルダ。○○のアイテムがあるからゼルダ。」という認識の仕方はしていないので、
全くゼルダらしさは感じていません

それこそ、スマブラにリンクが参戦していますが、
スマブラを遊んで、「これはゼルダだ!」と思う人がいないのと同じくらい、全くの別物ですね。

それが悪いかというと、そういうわけでもなくって、
無双の面白さを、ゼルダと言う素材を使って教えてくれる良いゲームだと思います。


new_006_201408181936280e0.jpg

操作感も違っていて、「Z注目」と言っても、
バク宙も横っ飛びもできず、ただターゲットにカメラが向いているだけ
個人的には、バック宙で敵の攻撃を避けて、ジャンプ斬り!みたいなものを期待していたので残念。
代わりに緊急回避みたいなのが用意されているので、
こちらが活躍してくれています。

逆に、ゼルダ本編とは違ってダッシュは驚くほど早いので、
広いマップを走り回るのも苦になりません。
ソニック並じゃなかろうか…?笑
スタミナ消費などもないですし、操作感が軽いのは良いですね。

ただ、マップは一方通行(崖から飛び降りられるけど登れない。など)もよくあるので、
始めは迷路のように感じて、なかなか上手に走り回れませんでした。


new_007_20140818193630280.jpg

成長要素が強いのも特筆すべき点で、
RPG的な、積み上げていく楽しさがありますね。

具体的には、レベルが存在することや、
素材を使ってキャラクターの能力を強化(コンボ数を増やす、必殺技ゲージをたまりやすくするなど)
武器の合成。など。

ステージ内では、特定のキャラでしか入手できない「ハートの器」(最大体力増)を入手できます。
この辺りは探索要素になりますが、、いかんせん寄り道しているとどんどん戦況が変化していってしまうので、
探索要素はミスマッチにも思えます。

1ステージクリアに20分程度かかるので、
取り損ねたときは、再度挑戦するのが大変なんですよね;


new_002_20140818193627c74.jpg

アドベンチャーモードは何度か遊びましたが、
狭いマップでただ敵と戦うだけなので、本編にも増して単調になりがちで、
まだあまり進めていません。
ここでしかアンロックされないキャラもいるようなので、
ぼちぼち遊んでいこうと思います。



無双は、飽きやすいらしいので、20時間程度遊んだ時にどういう感想になっているのか不安に思ったりもしますが
今のところ、結構楽しめています。
「ゼルダとは別物として」という但書きが付きますが、
私にとって、無双の入門編としてしっかり機能してくれそうです♪


アマゾン:ゼルダ無双 (通常版)
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆ さん◆
いえいえ、私も「がっかりしないように」という保険も兼ねて、
あまり期待しすぎないようにしていたので、
その気持ちはわかります。笑

個人的に、無双デビュー作ということもあって、色々と新鮮に感じながら、
仲間と協力する楽しさや、あり得ないメンツの登場に、
お祭りゲームとしては十分な楽しさを感じています^^*

バク宙の情報ありがとうございます!
今度試してみますね♪

はじめまして!

ゼルダ無双、正直ファンアイテム程度にしか期待してなかったのですが(失礼)
ゲーム単体としてみても面白いものに仕上がっていて予想外に嬉しい内容でした。
個人的に中ボス以上の敵との立ち回りは結構本家ゼルダに近い感触がありますね。
もちろんゲームの土台部分の面白さは無双のそれであってゼルダとはまるで違いますが。

ところでバク宙に関してですが敵に注目した上でガードボタン押しながら後方に回避すると出来ますよー。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。