スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホでならもう一度遊びたい!PS2『ファンタビジョン』レビュー

ゲームレビュー
08 /13 2015

ファンタビジョン / ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 星2コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。


筆者は2000年に発売されたPS2『ファンタビジョン』を2014年に初めて遊びました。


new_001_20140805111950c12.jpg
☆ 花火がとっても綺麗

本作は、次々と上がる花火玉を開かせる花火ゲーム。
次々に打ちあがる花火は単色だけでなく、コンボをつなげることでカラフルにすることも可能ですし、
丸い花火のほかに、下に垂れる花火、
二段階に渡って広範囲に花が咲く花火など、
いくつかの種類があります。
そして、それらが入り乱れて夜空に打ちあがる様はうっとりしてしまう程で、
すごーく綺麗です。
筆者はもともと打ち上げ花火が大好きなので、
これは、見ているだけで癒されますね。
部屋を暗くして遊ぶと、より雰囲気が出ますよ♪



new_003_20140805111911b0c.jpg
▼ 嬉しいリプレイ機能

そんな綺麗な花火ですが、プレイ中はせわしなく上がる花火玉ばかりに目がいっているので、
せっかく打ちあがった花火を見ている暇がありません

そこで嬉しいのがリプレイ機能
ステージのリプレイを見ることができるので、ゆっくり楽しめます。

おそらく、一度見れば満足してしまうと思いますが、
綺麗な花火(自分が上げた)を鑑賞で来て、良い特典でした。



new_004_20140805112114bb7.jpg
☆ 3つつなげて打ち上げるパズルゲーム

このゲームは、次々と現れる花火玉を同じ色3つをつなげると消すことができます。
3つつなげたあとに、何色にも属さないマルチな花火玉を挿むと、
別の色につなげることができ、たくさんの花火玉を一気に消すことができるので、
カラフルな花火が上がりとても綺麗です。

玉は次々と打ちあがってきますが、早く消さないと消滅してまうので、
できるだけ一人ぼっちを作らないように上手く、早く消していく必要がありますね。

花火玉を消せずに消滅させてしまうと、体力が減っていき、
ゼロになるとゲームオーバー

ステージクリア型で、一定時間を凌げれば次のステージへ挑戦できます。

私が、パズル苦手なこともあって、はじめは3ステージくらいまでしか進めませんでしたが、
操作に慣れた2度目の挑戦では最後まで行けるようになりましたよ♪



new_001_20140805111910679.jpg
☆ スターマインが楽しい!

いくつもの色の花火をつなげていくのが、このゲームの楽しさではあるんですが、
「スターマイン」というボーナスステージに突入すると、
同じ色の花火ばかりが次々と上がってくるので、
簡単に大量の花火を消すことができて、めちゃくちゃ気持ち良いです!

見た目にもとっても綺麗で、このステージは大好き!



new_002_201408051121519b3.jpg
★ パズルゲームです!

これは、完全に好みになってしまうんですが、
私、パズルゲームがあまり好きではないので、面白さがイマイチわからなくて、
あまり楽しめませんでした。
「花火」という自分の好きなものと一緒になっていればまた違うのかな?と思いましたが、
そんな訳なかったですね;

ゲームオーバーになったら、再びステージ1から。
という作りも含めて、今であればスマホゲームにありそうな内容です。
そのため、一度クリアしてしまったらそれで満足してしまいます。

1時間とかからずにクリアできてしまうと思いますが、
これがフルプライスだったことを考えると、
評価も厳しくなってしまいますね。
私はその金額をこのゲームに出せません。
発売当時と今では、据え置きゲームに求めるものがあまりにも変わり過ぎてしまったのかもしれないなぁ。



new_007_20140805111915acc.jpg
★ 見ているだけのチュートリアル

本作のチュートリアルは、プレイヤーが介入できず、
説明ビデオのようなものを閲覧する。という形になっていて、
触りながら覚えたい私には合いませんでした。

基本編、応用編、全部で4本のビデオになっているので、
早く遊びたいときは煩わしく感じます。


new_006_2014080511191434e.jpg
★ 操作方法はもっと模索できたのでは?

アナログスティックでラインを動かして、そのライン上に出現した花火玉をキャッチしていくのですが、
コンボをつなげたくても、手前の花火玉が邪魔で自分の思うように操作しづらい場面が多々ありました。

元々パズルが得意でないことも相まって、
次々に上がる花火の同じ色を見つけて繋げるだけでも手一杯なのに、
操作もなかなかに難しく、思ったようなプレイが出来ませんでした。

コントローラーでの操作では限界があるのかもしれませんが、
もう少し遊びやすくできなかったのかなー?と思いました。
それこそ、今であればVITAやスマホのタッチ操作の方が本領を発揮できそうですね!



私は、パズルゲームが苦手なのであまり遊ばないんですが、
花火が好きだったのでこのゲームを手に取ってみました。
でもやはりパズルの面白さはわからなかったですね;
これは完全に私のミスチョイスでした。すみません。

また、遊んだ時代によっても感動が変わってくると思いますので、
あくまで2014年に初めて遊んだ人の感想だと思ってください。

繰り返し遊びたいとは思いませんでしたが、
綺麗な花火が見れたので良かったです♪


遊んだ時間◆2時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。
アマゾン:FANTAVISION
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆ さん◆
実際には30分もかからずにクリアして、
10〜15分で終わる1つのモードを何度も遊んだのですが、
それでも2時間という数字は短く見えてしまいますよね((^^;)
私がもっと下手で、クリアできずにトライし続けての2時間だったり、
色んなモードが用意されていればもっと濃い体験だったかもしれませんが…。

体力がゼロになるまで遊べるモードがあれば、どこまで行けるか挑戦できてよかったですね。

このゲームは小さい頃に友人のものを一度触れていて、その時は夢中になっていたような気がしますが、改めて遊んでみると「これだけの内容だったっけ?」と思ってしまいました。

二時間で…

面白くないとの評価はちょっと安易ではないですか?そもそもパズルなので、二時間と言うお手軽時間で評価できるものでは無いと思います。

操作性の話になっていましたが、パズルゲーなので、難しいのはあくまでもパズルゲーと捉えてプレーしないと…

昨今ヒットしたスマホのパズルゲーなんかも初心者のプレーと熟練者のプレーでは動かし方や、レパートリーは段違いに違うと思います。それがパズルゲーだと思いますが…

久しぶりにファンタビジョンplayしたくなりました!

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。