スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなシリーズが、今もなお元気であることの有難み

コラム
09 /16 2014
最近、欲しいタイトルが少ないからか、
自分の好きなシリーズが今もなお元気で、新作が出続けていることがなんて有難いことなんだろう。と感じるようになってきました。

シリーズ作品だけでは面白くない。変わり栄えがしない。新規タイトルが必要だ。
大いにわかります。その通りです。
実際、私も自分の好きそうな新規タイトルとの出会いにはワクワクしますし、
シリーズ作品だけだとつまんない市場になってしまいますから、
新規タイトルは重要だと思っています。

しかし、「確実に好きなゲームが出る!」という確証を与えてくれるシリーズ作品は、やっぱりものすごく有難いです。
ゲームという趣味を飽きずに楽しめているのは、シリーズ作品という、
自分に合うとわかっているタイトルが定期的に発売されているからにほかなりません。

結論を言ってしまうと、「両方必要」としか言いようがないのですが、
わがままな私は、「欲しい!」と思える新規タイトルが少ないので、
どうしてもシリーズ作品にウエイトを置きがちです。



私の好きな『ゼルダの伝説』シリーズ(3D)は、新作が出るまでが長く、もどかしかったりもしますが、
それでも、確実に新作が出る!とわかっているだけで、本当に嬉しい。
いくらでも待ちますよ。だって出してくれるんだから。
いつかは遊べるってわかっているんだから。



私は、好きなタイトルが消えていく、頓挫していくのをいくつか見てきました。
例えば、『ロックマンDASH』シリーズ。
『3』が3DSで開発中と聞いたときは、そりゃあ嬉しかったものです。
しかし、その開発は中止に。それからは何の音沙汰もなく、シリーズが存続しているのかすら怪しい状態。



『武蔵伝』も『2』が出ましたが、それっきり。
『ぼくのなつやすみ』も最近は元気がない。
数的には少ないかもしれませんが、
本当に好きになるタイトルが少ない私は、これらのタイトルが消えてしまうということが、ひどくショックです。

私なんかよりも、きっとみなさんの方が多くのタイトルに触れられてきているので、
シリーズ作品消滅のショックは多く経験されていると思います。




そんな中、『キングダムハーツ』、『どうぶつの森』、『牧場物語』など、
元気である好きなシリーズが少しですがあることは、いまだにゲームを遊んでいる大きな要因となっています。
あ、キングダムハーツは10年以内に終わる。みたいなことを聞いて少しショックでしたが;

もう少し、楽しみにできる大好きなシリーズ作品が増えていくと、
より嬉しいんですけどね。
ほのぼの系は、どうぶつの森と牧場物語で十分に楽しめているので、
特に、アクションアドベンチャーやアクションRPGなどで、好きなシリーズを増やしていきたいです。

まぁ、そこは自分次第なので、色んな作品を楽しむ器が必要だなぁ。と感じます。
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。