スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海が加わり、夏がもっと楽しく!PSP『ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!』レビュー

ゲームレビュー
08 /15 2015

ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密! / ★★★★★★★★☆☆ 星7コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

プレイ時間◆24時間30分

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。


『ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密!』は、PS2『ぼくのなつやすみ2』の移植版+αのリメイクとなっています。


■はじめに
ぼくのなつやすみシリーズには、タイトルごとのつながりがありません。
シリーズ未経験でも問題なく楽しめます。
筆者は、PS2作品を子どもの頃に遊んでいるので、本作は2度目のプレイになります。

new_007_2014072410311466c.jpg
☆ ノスタルジーに浸れる夏休みゲームの王道!

ぼくのなつやすみと言えば、その世界観こそが最大の魅力です。
今はもう失われつつある日本の原風景の中で1ヶ月の夏休みを過ごすことになります。
青い空、青い海、白い雲、広がる緑と、昔懐かしくも古すぎない家屋。
時代は昭和50年。少し年代が違いますが、トトロの世界を思い浮かべていただけると近いものがあると思います。

セミの音やさざ波を聞きながら遊ぶ本作は、
誰もが憧れを持つ田舎を、遊びながら体験できちゃうゲームとなっています。


new_008_20140724103115a1e.jpg
▼虫捕りと釣り

主人公のボクくんができることの大きな柱となっている虫捕りと釣り。
遊びとしては、網を振ったり、釣り糸を垂らして「Hit!」と出たらボタンを押す。など、
非常に簡単で、ゲーム性があるとは言えません

しかし、捕った虫と魚がいちいちすごいんです。
非常に細かいところまで再現されており、虫嫌い、魚嫌いの人が見たら、
ちょっと抵抗があるんじゃないか?と思ってしまう程良くできています。
ちなみに、私もフナムシだけはダメでした。笑

そこら中に飛んでいる虫で、捕まえたことがないものには「New」というマークが表示されます。
気ままに釣りをしたり、新しい虫と遭遇したら捕まえたり、
そんな地味な作業も「なんだか良いなぁ~」と感じてしまえるのがこのゲームのすごいところ。


new_004_20140724103112196.jpg
▼成長要素のある虫相撲

毎日のように遊ぶことになるであろう虫相撲は、成長要素が追加され、前作よりも遊び応えのあるものになっています。
対戦するごとに、スタミナや力が増えたり、新しい技を覚えてくれますが、
1度負けた虫は、その日はもう使えなくなるため、1日に少しずつ成長させていくことになります。

今作では、ある程度虫が強くなると、対戦相手がボス的な強い虫を出してきます。
それに勝利すると、新しいエリアの解放や、イベントが見られたりするので、
虫を強くする目標がしっかりとあって、積極的に遊びたくなります。


new_006_20140724103250a3c.jpg
☆ 人間模様を楽しむ

虫捕りや釣りなどのほかに、ゲームの楽しみとなるのがイベントの数々です。
ボクくんが訪れる島には、たくさんの人が住んでいますが、
それぞれに抱える悩みや、日常の珍事など、
都会からやってきたボクくんという傍観者の視点になって人間模様を楽しむ
アドベンチャーゲームのような一面があります。

ぼくのなつやすみは、見た目こそ子供向けという感じがしますが、
良い意味で、周りの大人たちがボクくんを子ども扱いしすぎていないので、
複雑な家庭環境や、恋模様、思わぬ刑事事件まで、
大人も十分に楽しめます。
というか、大人が遊んでこその気付きがいくつもあるゲームです。

ラストには、思わずうるっとくるような別れが待っていて、
ゲームクリア時は青春映画の大団円を迎えたような気持ちになります。


new_002_20140724103248349.jpg
▼一日に何度でも絵日記が書ける

前作では、いくつものイベントが起こっても、
一日の終わりに1つのイベントについての絵日記しか書くことができなかったんですが、
今作では、一日に何度でも絵日記を書けるようになりました。 
ボクくんの絵日記は、思わぬボクくんの感想が垣間見えたり、
雰囲気のある絵を見れたりと、好きだったので、
いくつもの出来事を書きとめることができるようになったのは嬉しい変更点です。

絵日記は、その都度「かんたん」、「しっかり」、「ポエム」とボクくんのコメントを変えることができるので、
自分だけの絵日記に仕上がります。
切ないことがあった時は、「かんたん」のほうが味が出たり、
「ポエム」で茶化したりと、結構色々試したくなりますね。



new_001_20140724103247812.jpg
▼占いでイベントを逃さない

今日はどこに行けば面白いことが起こるかを教えてくれる少女がいて、
イベントを逃さないようにする配慮が見られます。

毎日、占いを聞きに行って、その結果を基に、一日の予定を立てていく感じですね。
やはりイベントは見ておきたいですし、ボクくんの訪れる島は結構広いので、このシステムはありがたいです。
巻き起こる人間模様を、ボクくんが少し介入することで良い方に動いたり、
子どもならではの遠慮のなさが大人の心を開いたり、
逆に、子どもだから教えてくれないことなんかもあって、
夏休みが残り少なくなってくると、今まで見ていた眩しい世界が急に寂しく見えたりもするんですよね。



new_005_20140724103359988.jpg
☆ フルボイスが嬉しい

本作は、フルボイスで、ボタンを押すことでボイスを止めて、文章だけを読むこともできるようになっています。
でも、なんでだろうなぁ?このゲームだけは、きちんとボイスを聞きたくなるんですよね。
おそらく、空気感や人そのものに、すごく魅力があるので、
むしろ、喋ってくれないと、物足りない

またボクくんが可愛いんですよね。
ちょっと舌ったらずなしゃべり方をするんですが、それが子供らしくてすっごく可愛い。
ぼくなつの主人公って結構生意気でやんちゃだったりするんですが、
今作のボクくんは、やんちゃで好奇心旺盛。コワモテのおじさんにぐいぐい話かけていくんだけど、
優しくて、みんなに愛されています。

参加している声優も、名探偵コナンのコナン君や、ワンピースのチョッパー、
FF13のライトニングなど、実力派が多く、でもアニメアニメしていないので、すっと入ってきます。


new_009_201407241034013bb.jpg
☆ 海の中は冒険がいっぱい

本作の初代『ぼくのなつやすみ』との大きな違いは、
海の中に入れるようになったことです。
最初はボクくんの酸素が少なく、潜っていられる時間がすごく短いんですが、
海の中に落ちている王冠という収集アイテムを集めていくと酸素が増え、
長いこと潜っていられるようになります。

始めは、5mくらいしか潜れないんですが、終盤には30m以上潜れる様になります。
深く潜るほど、酸素の減りも早くなってしまうんですが、アイテムが落ちているのを見つけて、
酸素ぎりぎりなんだけど、思い切って潜ってみるドキドキとか、
思わぬ洞穴を見つけてそこを潜って抜けてみると、秘密の入江があったり、
沈没船の中を探索したりと、小さいんだけど、大きな冒険が詰まっています。

私、子ども時分にPS2版『ぼくのなつやすみ2』を遊んでいるのですが、
当時は、その面白さに海の虜になりました。
毎日毎日海に潜って、まだ知らぬ場所はないかと、隅々まで探したものです。
しかし、大人になってみて改めて遊んでみると、少々収集アイテムが少ないように思います。
海は相当広いのですが、収集アイテムが点々としかないため、
なかなか見つかりません。
もう少しアイテム数を増やして、色んなところでアイテムを拾えると楽しかったかな。と思います。



new_003_20140724103358810.jpg
☆ PS2版からボリュームアップ

登場人物が追加されるなど、PS2版からボリュームアップしており、
色んな人に会うため東奔西走するので、中だるみになりにくくなっていると思います。
私は、終始「のんびり」で遊んでいたため、途中時間が余ってしまいましたが、
「ふつう」であれば、むしろ時間が足りないかも。
なんにしても、行きたいこと、会いたい人が多くなるのはこのゲームにとって嬉しいので、
良い+αになっていると思います。



new_010_20140724103402050.jpg
★ 中だるみもやっぱりある

毎日何かしらイベントはありますが、
それでも夏休み中ごろになると、時間が余ってしまうことがあります。
これはぼくのなつやすみシリーズでは、ままあることです。
最近はどの作品にも時間経過を「あっという間」、「ふつう」、「のんびり」にゲーム中いつでも変更可能になっています。
序盤で色んな所に行きたいときは「のんびり」、中だるみするようなら「あっという間」or「ふつう」と、
使い分けると楽しく最後まで遊べると思います。





より良質なゲームに触れてきたためか、
海が子どもの頃ほど夢中になれなかったのは、自分としてもショックでしたが、
それでも、やっぱりぼくのなつやすみは良い!
懐かしくて、楽しくて、ちょっぴり切ない。
夏になると無性に遊びたくなるゲームです。


アマゾン:ぼくのなつやすみポータブル2 ナゾナゾ姉妹と沈没船の秘密! PSP the Best
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。