スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作持ちには既視感が強すぎる。3DS『妖怪ウォッチ2元祖/本家』レビュー

ゲームレビュー
12 /14 2014

妖怪ウォッチ2 / ★★★★★★☆☆☆☆ 星6コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。


本日は、3DS『妖怪ウォッチ2元祖/本家』の感想、レビューをお届けします。

■はじめに
筆者は、前作『妖怪ウォッチ』をプレイ済みで、本家のみをプレイしました。

new_003_201407161652582c4.jpg
☆ オープンワールド風の町がすごい!

本作は、冒険の舞台が現代の町となっており、他のRPGとは一線を画しています。
ダンジョンなどもありますが、基本的に広~い町の中でストーリーが進行していくので、
奥へ奥へと進んでいくだけではない楽しさがありますね。
エリアが解放された時には「あっちにはなにがあるんだろう?」、「ここは景色が綺麗だ」など、
ストーリーそっちのけで、広い町中を走り回ってしまいます。

作りが丁寧なのも特筆すべき点です。
洋風の家が立ち並ぶ住宅街から、昔懐かしい狭い路地、
田舎の田園風景など、日本人の心をくすぐる街並みが丁寧に再現されています。
お店に並べられた一つ一つの商品がきちんと作られていたり、
ストーリーを進める上では行く必要のないところにまで徹底した作り込みで、
「町を走り回っているだけで楽しい」と感じさせてくれます。

・ ダンジョンを除いて、いつでもセーブ可能
・ 天候の変化、昼夜あり
・ 塀の上を歩けるようになった


new_002_201407161652573e9.jpg

個人的に、一番びっくりしたのは、町の銭湯です。
ここ、サブクエストでちょこっと寄る程度の場所なんですが、
「ちょこっと寄る程度の場所」っていう完成度ではないです。笑

サウナがあって、露天風呂、洞窟風呂、滝風呂、五右衛門風呂などなど、
普通に「こんな銭湯行ってみたい」と思ってしまいました。



new_004_20140716165300436.jpg
new_005_20140716165301086.jpg
☆ 手遊び感が楽しい戦闘

戦闘は、妖怪たちが勝手に通常攻撃(物理、妖術)をして、
プレイヤーは必殺技と状態異常を直すタッチアクションで、サポートしていきます。
私は、コマンドを選んでバトルしていくよりも、
こちらのタッチアクションの方が手遊び感があって好きです。

面倒なときは、何もしなくても勝手に戦ってくれますし、
タッチアクションを使うと、技の強化や、経験値増のおまけがついたりするので、
その時々によって戦い方を変えられるのが気に入っている点です。

今作からは、新しく「ガッツ技」や「つつく」というアクションが増えたので、
より、忙しくも楽しい戦闘になっていたと思います。
少々操作がややこしくもなりましたが。


new_006_201407161654150c4.jpg
☆ 町で遊ぶ!ミニゲーム的な遊びがいっぱい

「町で遊ぶ」という要素が今作では強く感じました。
町の色んなところに妖怪が隠れていたり、隠し扉が出現したり、
突然おばあちゃんに道を聞かれたり、、
町を走り回っていると、何かしらの遊びと出会えるようになっています。
前作でも「町を走り回っているだけで楽しい」ゲームでしたが、
今作では、その利点をより上手く活かしていると思います。

これらは、突発的に発生するので、起こるとつい遊びたくなっちゃうんですよね。
うまいこと寄り道して遊べるようになっています。
時には、本来の目的を忘れて町での遊びに没頭してしまうことも。

その他にも、釣りや、虫捕りなど、定番の遊びもあって、
アイテムと交換してもらえるので、気が向いたときに遊んでいました。

・ 他にも、妖怪クイズや自転車レース、鬼ごっこなど盛りだくさん


new_007_201407161654160fb.jpg
☆ 寄り道してなんぼのゲーム!サブクエストの数々

本作は、メインストーリーだけを進めれば、20時間程度でクリアできてしまいます。
しかし、それだけ終わらせてしまうのはもったいない!
先述したミニゲームの数々のほかに、サブクエストも沢山用意されています。
このサブクエストが結構すごいんです。

とある有名キャラクターとコラボしていて、サブクエストでのみ登場したり、
サブクエスト用にイベントシーンが作られていたりと、遊びがいのあるものが多いです。
サブクエストの方が、学校の友達と交流できたりするので、
日常感があって好きでした。

・ 日を跨いで遊ぶクエストが増えた


new_006_201407141907232e5.jpg
☆ 可愛い(格好良い)妖怪たち

なんと言っても、妖怪たちも魅力の一つです。
前作は可愛い妖怪よりも変な妖怪の方が多く、
プレイヤーが育てるキャラクターが似通ったりしていたのですが、
可愛い(格好良い)妖怪が増えたことで、いろんな妖怪を育てたくなりました。

アニメチックなギャグにも磨きがかかっているので、
アニメが好きだったお子さんでも楽しめそうです。




new_006_20141204184547daf.jpg
☆ 妖怪ウォッチバスターズが面白い!

本作には、『妖怪ウォッチバスターズ』という、友達と共闘できるアクションゲームが搭載されています。
これが、友人や子どもたちと遊ぶと面白いんです♪
敵は強敵ですから、友人たちと役割(回復薬、攻撃役など)を分担して立ち向かいます。
ものすごーくライトなモンハンだと思っていただければわかりやすいかな?

『妖怪ウォッチバスターズ』では、ゲーム内の妖怪のレベルが反映されるため、
積極的にレベル上げをしたくなりますし、
友人たちと遊ぶために、様々な妖怪を育てたくなるという、
クリア後もゲームを遊ぶ動機を作ってくれているんです。
正直、『妖怪ウォッチ2』自体に飽きたのに、未だにちょくちょく遊ぶ理由は、
この遊びあってこそだと思います。

ご褒美にガシャを回すことができますし、
頑張れば1人でも遊べますよ♪



new_001_20140716165255cf5.jpg
★ 前作と変わらない部分が多すぎる

私は、前作を遊んでいたので、ほぼ同じマップを採用している本作をあまり楽しめませんでした。
もちろん、違いもあるので、その変化を楽しむのも一つだとは思いますが、
新しい土地での探索が好きな私は、既視感の方が強かったです。

終盤には、ボス妖怪の使いまわしも目立ちます。
色違いの上位版ボスが山ほど出てきます。
クリア後の要素なので、遊ばなくても良いんですけどね。
前作でもボスラッシュは遊びましたが、今作では、ボスラッシュのダンジョンが入り組みすぎているのと、
あまりにもボスの数が多いので、途中で飽きてしまいました;

これは人によっては嬉しい要素なのかもしれませんが、
『1,5』ではなく、『2』と銘打っているからには、
新しい素材で勝負してほしかったです。



new_008_20140711180325134.jpg
★ おつかい感が強くなった

前作でもメインストーリー、サブクエストに関わらず、
「○○を○体倒してきて」や「○○を持ってきて」というお題が多く、おつかい感はあったのですが、
敵を倒したり、アイテムを入手するのはゲームとして遊べるから、さほど気になりませんでした。
しかし今作では、「○○に話を聞いてきて」という、ただ、その場所へ行って話を聞くだけ。ということが多かったです。
で、話を聞いたら、「次は○○に話を聞こう」。
このようなたらい回しのお題が非常に目立っていて、退屈に感じました。


new_005_20140714190721173.jpg
★ 序盤~中盤は移動が大変

今作では現在と過去を行き来することもあるので、
長距離の移動を強制されるのは厄介でした;

自転車入手、ワープ移動の解放が遅めなので、
広い町を走り回るのは結構大変です。
マップが広いので、ワープはともかく自転車はもう少し早めに登場してほしかったですね。
これは、前作での自転車解放が早かったので、
私が快適さを覚えていたのかもしれません。
本作から遊んだ人には意外と気にならなかったりする…?



new_008_201407161654181a4.jpg
★ 相変わらずの運要素

今作では、細分化した妖怪の好物がわかるようになるなど、大きな改善点も見られましたが、
それでも妖怪がなかなか友達になってくれません。
虫捕りも、ガシャも相変わらずの運頼みで、この辺が前作でも合わなかった私。
今作でも同じでした。

特に、妖怪は、せっかく可愛い妖怪たちがいるのに、
なかなか友達になれないのは困りものですね。
特定の妖怪を集めるとご褒美があったりするので、
ついつい集めたくなっちゃうんですが、それを始めてしまうと一気に作業感が出てしまう。



妖怪の好物がわかるようになったりと、改善点も多く、丁寧に作られているとは思いますが、
おつかい色が強くなる、移動が大変など、劣化した部分もありプラマイゼロかな。と思いました。

前作を遊んでいる場合、素材の流用で新鮮味はほとんどありませんが、
子どもも遊べるオープンワールド風RPGとしては、出来すぎた作品だと思います。
子ども時分に遊んでいたら、また感想が違っていたのかもしれませんね。


セーブ数◆3つ
遊んだ時間◆53時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。
アマゾン:
妖怪ウォッチ2 元祖 (永久同梱特典:ジバニャンメダル ニャイーン 同梱)
妖怪ウォッチ2 本家 (永久同梱特典:ジバニャンメダル コマニャチ 同梱)


関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。