スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『悪の教典・序章』を観てみました。

ミニコラム・雑記
08 /08 2014

本編よりもサスペンス色が強いという噂を聞いたので、
『悪の教典・序章』をレンタルして観てみました。

本作は映画ではないので、雑記だと思ってください。

☆ ドラマはドラマ
本編である『悪の教典』は、派手な殺戮を魅せる映画だったのですが、
序章は、サスペンス色が強いということで、楽しみにしていました。
確かに、本編よりも、じわじわとサイコパスの本性が見えてくるこちらの方が、
人間性が出ていて良いのかもしれません。
主人公の教師がいかに生徒たちから慕われているか。という点は、
本編よりも濃く描かれていましたね。

しかし、『悪の教典』から、殺戮を取り除いてしまった本作は、
よくある普通のドラマになってしまっていますね。
展開が遅いわりに、最後のオチも弱く感じたので、
やはり映画の方がインパクトがあって良いと思います。

あくまで序章。
見ているとより楽しめる程度で、必見!というほどではないですね。
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。