スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は映画が好きなだけ。

ミニコラム・雑記
07 /02 2014
ameijinnguapaida-man2.jpg
当たり前ですが、私は、映画の専門家でもなんでもありません。
演出の細かいこととか、よくわからないし、見せ方が上手い。などの専門的なことはさっぱり
「今のシーン、格好良い!」とかならありますが・・・;

ただ、映画が好きなだけです。
だから、どんなに映像がよくっても、見せ方が変わっていても、
「面白い!」と感じなければ、それが全てだと思います。

そんな素人が映画のレビューするのってどうなんだろう?と思ったこともあったんですが、
普通の人の感想っていうのもアリかな。と思うようになりました。
私が、評価を見て、観たい映画を決める人だったら、
専門家の支持よりも、なんにも知らない、普通の人からの支持が高いものの方が参考になります。

そもそも、映画は専門家のためにあるものではないし、
「君は映画がわかってない!」なんて言われるかもしれないけれど、
「はい、わかっていません。」と、答えるほかないですね。

ど素人の私ですが、
これからも、ひとつの娯楽として、映画を楽しんでいきたいな。
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
そんな風に参考になれたら、なにより嬉しいですね^^*
小説なんかでもそうですが、賞を受賞している作品が、
「あれ?あんまり面白くない」ってことは、私もよくあります^^;
文章構成や言葉の使い方、そいういう難しい部分が評価されたりするんだと思います。

凄い≠面白い
とても納得してしまいました。
それ故に、「凄い」が「=面白い」と思えるものは、
飛びぬけて面白く感じている気がします。

周りが高評価のものに低評価をつけるのは、
MGMさんのように、見ている方が多い程、気を遣いそうですね^^;
でもkentさんの、感じたままの記事を楽しみにしている方もそれ以上に沢山いるんでしょうね*
もちろん、私もその中の一人です^^*

No title

それで良いと思います。
僕は映画に詳しい人が書いた絶賛レビューに釣られてチェックした作品があるんですが、
「何が凄いの?」と思う事が良くありましたし。
わにやまさんのレビューの方が参考になるかもw

ゲームでも映画でも、結局のところ「面白い」がすべてですよね。
僕はよく「凄い!」と表記する事がありますが、
実はこれって「面白い」という意味では無いんですよね。
もちろん、「凄い!」が「面白い!」に繋がる事もあるんですが。

どんなに映像が作り込まれていても、どんなにモード数が多くても、
自分にとって面白くなければ星の数は少なくしたい。
周りで高評価の作品を低評価にするのって、ちょっと度胸が要りますが^^;

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。