スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉人と政治に興味ある?『リンカーン』短評

映画短評
08 /01 2014

本日は、2012年公開、『リンカーン』の感想を映画短評としてお届けします。

☆ 政治に興味があれば◎
第16代アメリカ大統領、リンカーンが真の奴隷解放を実現するための物語。

私は、ディスクでこの作品を見たんですが、
初めてです。上映前に監督から時代背景の説明がなされる映画。
そういうのは、作中で描いてくれれば良いかと。

内容ですが、本作は、リンカーンの半生を追う。というよりは、
リンカーンが奴隷解放を実現するために奔走する部分にスポットを当てた作品。
故に、物語は、議会や議員同士の会話、票集めを中心にして進んでいきます。
そこまで政治に大きな興味のない私は、
退屈に感じてしまいました。

映画らしい感動や人間ドラマが薄く、わざわざ映画にする必要があったのかなー?と。
ひとつの歴史勉強だと思えばありかもしれませんね。



リンカーン / ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 星3コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。
リンカーン [Blu-ray]  [DVD]
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。