スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作ファンじゃなければ結構楽しめる。『宇宙兄弟』短評

映画短評
09 /18 2014

本日は、2012年公開、『宇宙兄弟』の感想を映画短評としてお届けします。

☆ 原作ファンが失望する典型的作品
【物語】 無職の兄と、夢を叶えた弟。宇宙飛行士となった弟の背中を兄が追いかける物語。

漫画原作の実写映画化は、微妙になってしまうことが多いですが、
本作も例に漏れず。という感じだと思います。
あの名シーンがない。あの登場人物が出てこない。原作ファンほど、不満が沢山出てくると思います。

ですが、私は、原作を読んだことがありますが、ファンというほどではありません。、
先入観を持たずに見ることができたので、結構楽しめました。
宇宙へ思いを馳せる人々の想いと、大きなロケットにはワクワクできます。

元々この原作は、写実的作品のため実写との相性が良いですし、
宇宙飛行士試験の裏側を見ることができる楽しい映画だと思います。
キャスティングもなかなかハマり役ですしね。
ただ、ラストがあり得ない
一気に時間経過を使って、はい、ハッピーエンド!という感じで、
おいおい、そりゃないでしょ・・・;と、つっこみたくなります;
大団円は下手だけど、それ以外には魅力を感じました。



宇宙兄弟 / ★★★★★★☆☆☆☆ 星6コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。
アマゾン:
宇宙兄弟 Blu-ray スペシャル・エディション
宇宙兄弟 スタンダード・エディション [DVD]
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。