スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供向けビジュアルエンターテイメント!『くもりときどきミートボール』短評

映画短評
03 /14 2015

本日は、2009年公開『くもりときどきミートボール』の感想を、映画短評としてお届けします。

☆ 奇抜な設定が全て
空から食べ物が降ってくる!!その設定が全ての映画ですね。
ビジュアル面の驚きはかなり強烈ではないでしょうか。
ただ、日本人が見ると、「もったいない心」から、下品な印象を受けるかもしれません。
食べ物がバンバン地面に叩きつけられいくし、
アメリカンフードっぽい鮮やかな色は、少々くどいですからね。

物語は、へっぽこな発明家が食べ物を降らせる装置を開発→やりすぎる→ハプニング→身を挺して解決。
という、よくある自業自得
故に、子供向けの印象が強いです。

お腹がいっぱいの時に見ると、「食べ物はもういらない・・・・」とグロッキーになるので、
やめておきましょう。



くもりときどきミートボール / ★★★★☆☆☆☆☆☆ 星4コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。
アマゾン:くもりときどきミートボール [Blu-ray]  [DVD]
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。