スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探索三昧!でもそれだけだと物足りない。WiiU『レゴ®シティ アンダーカバー』レビュー

ゲームレビュー
11 /09 2014

レゴ®シティ アンダーカバー / ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。


本日はWiiU向けソフト「レゴ®シティ アンダーカバー」の感想、レビューをしたいと思います。

「レゴ®シティ アンダーカバー」は、広大なマップを自由に冒険し、
その中に用意されたステージをクリアして遊ぶ3Dアクションアドベンチャーです。


new_IMG_2319.jpg

☆ レゴで出来た世界は壊し放題!
「レゴ®シティ アンダーカバー」の最大の特徴はレゴ!
人物や建物、木に花、など沢山のものがレゴで出来ています。
そしてレゴで出来ているものはほとんどがぶっ壊すことができちゃいます*
とにかく壊すのが楽しい!

最初は、色々壊すのはちょっと悪いなぁ…とか思っていたんですが、
「連続で壊すと獲得するレゴブロックが倍増していきます」とのことで、
これはもう、ゲームの方から「じゃんじゃん壊しちゃってください!」と言ってるようなものですよね!笑
それからは、レゴを見ればとりあえず壊すのが楽しみになりました。
街を歩いている人もリアクションをとってくれるのが面白いです*



new_IMG_2323.jpg

☆ 探索がメイン
もちろんストーリーがあり、それに沿ってミッションを進めていく本作ですが、
ミッションは薄味なものが多く、どちらかというと、
広大なマップを走り回り、寄り道要素や収集要素を楽しむゲームだなと思いました。
マップは本当に広いです!
広いので、車やヘリで移動することが多いので、
なかなか土地勘がつかめず、よく迷子になってましたね;

街のあちこちに登れる場所があり、
ビルに上ると着せ替えをアンロックするアイテムが落ちていたり、
ビッグレゴブロックというレアなレゴブロックが落ちていたりと、
隅々まで探索した者に対するご褒美がちりばめられているのが嬉しいですね。

ストーリーを進めるだけでは訪れる必要のない場所が本当にたくさんあって、
探索好きはやめ時を失うくらい没頭してしまうかも!



new_IMG_2331.jpg

☆ 7種類の職業を使いこなす
主人公のチェイス・マケインは7つの職業に変身することができ、
職業をボタン一つで手軽に変えながら、仕掛けを解き先に進みます。

職業は警察官、泥棒、鉱山作業員、宇宙飛行士、農場作業員、消防士、現場作業員の7種。
泥棒で金庫を開けたり、消防士で火を消して進んだり、農場作業員で鶏を使って空を飛んだりと、
職業ごとにできることが違っていて、切り替えながら進んでいきます。

また広大なマップの中には、職業ごとのミニゲームも用意されています。
車泥棒を捕まえるカーチェイスや、宇宙人を捕まえる鬼ごっこ、農場から逃げ出したブタを捕まえるなど、
探索要素に輪をかけて、たくさんの要素が楽しめますよ*



new_IMG_1916.jpg

☆ ゲームパッドを活かした遊びと寄り道ミニゲーム
本作ではゲームパッドを活かした遊びが盛り込まれています。
上の画像のように、ゲームパッドを傾けて玉を出口まで運ぶ遊びや、
犯人を見つけるために見晴らしの良いところで、ゲームパッドを辺りを見回します。
まぁ、これがメインではないので、このサブ要素のおかげでゲームパッドのみでのプレイができなくなっていることを考えると微妙なところですが…。

冒険の合間にはミニゲームが用意されています。
フリースロー 、筋トレ、シーソーなど、おまけのようなものですが、
いろんな場面で遊ばせようとしてくれていることがわかりますね。




new_IMG_2312.jpg

☆ 全体的に地味な印象
探索要素がたくさんあり、とても楽しいんですが、
メインミッションは薄味で、ボスも登場しないので(最後にはボスがいる)、
ただ淡々と遊んでいる感じがしました。

それを手伝ったのは演出面の地味さでしょうか。
レゴで出来たものを壊しても「ボコッ」という音しかせず、気持ち良さに欠けます。
そして、BGMなどがなく、生活音ばかりなので、少し寂しいです。

戦闘も駆け引きなどは特に必要がなく
ボタンを連打したり、ボタン一つでやっつけられてしまうので、楽しさを感じられませんでした;
アクションに関しても同じですね、ボタン1つで解決する、
良く言えば親切仕様なのですが、私は物足りなく感じてしまいました。



new_IMG_1897.jpg

☆ 難易度はかなり低め
単調に感じた要素のひとつに難易度の低さもあるように思います。
職業を使った謎解きでも迷うことはまずないですし、敵との戦闘も非常に簡単です。
コンティニューもとても優しく、お金が少し減るだけで、その場に復帰することができます。
行先に迷うことがないように、ナビもついてますしね!

ちょくちょく差し込まれるアメリカンジョーク(?)は面白いですが*



new_IMG_1928.jpg

☆ ロードが長い
ロードが長い」と知っていれば、我慢できる程度ですが、
何も知らずにこのゲームを遊んだら、「ロード長っ!!」と思ってしまいます。

一度大きなマップを読み込んでしまえば、細かいロードもなく思い存分遊べるのですが、
ゲームを始めようと起動したときに大きく時間を取られちゃうのはやっぱり残念ですね。



レゴの特徴を活かした楽しい作品でしたね。
任天堂ネタも盛り込まれていましたし、ミッションでのやり込み要素、
乗り物の豊富さなど、沢山の遊びが詰め込まれていました。

その一方で、演出面での地味さ、簡単すぎる難易度、ボス不在からくるメリハリのなさから、
「今、めっちゃ楽しい!」という加点材料が少ないゲームでした。

私は、戦闘面でもう少し工夫が欲しかったかな。

私は探索が大好きですが、探索だけでは、
最高のゲームにはならないんだなぁ。と感じました。


セーブ数◆3つ
遊んだ時間◆39時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧へ。
レゴ(R)シティ アンダーカバー (アマゾン)
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。