スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの好みを食べ物に例えてみるコラム。

コラム
10 /15 2016


「人それぞに好きなゲームがある。」

このブログで、何度も取り扱ってきたテーマですね。

数値遊びが苦手な私は、
世間のRPG人気に反した自分の感覚に何度も悩んできました。

しかしある時、ふとゲームのジャンルを食べ物に置き換えて考えたとき、
今まで感じたことのないような、「あぁ、なるほどね」と腑に落ちた感覚になり、
面白くなって、そこから色んなゲームを食べ物に当てはめてみました。

そこで今日は、ゲームの好みを食べ物に置き換えて考えてみたいと思います。




スマホゲーム=ファーストフード

コンシューマー(家庭用ゲーム)=高級フレンチ

私は家庭用ゲームも好きですが、スマホゲームも遊びます。

皆さんは感じたことないでしょうか?
なんとなく世間に漂う、「家庭用ゲームの方が偉いんだぞ!」みたいな空気を。
そしてそれに違和感を感じたことはないでしょうか?

たとえば、片手でも遊べてしまう手軽なスマホゲームをファーストフードに、
時間をかけて濃密な体験ができる家庭用ゲームを高級フレンチとして考えてみます。

気軽に誰でも立ち寄れて、片手間で食べられ、すぐにおいしいファーストフード。
ゆっくりと時間をかけて手の込んだお料理をいただける高級フレンチ。

どちらもおいしいですよね。
どちらもおいしいですが、高級フレンチがファーストフードをバカにするのはちょっとおかしい
B級グルメも立派なグルメなのです。





お色気要素の強い面白ゲーム=料理のおいしいメイドカフェ

この際だからはっきり言ってしまいますが、
ゲーム市場は男性主体で動いていると思っています。

ゲームの主人公の大半は男性だし、出てくるモンスターはゴツゴツと厳ついものばかり。
近年の国産ゲームではアニメ調のキャピキャピした女性キャラも多用されていますね。

女性向けに限定して探そうとすると、女児向けか乙女ゲームに飛ばされてしまいます。
トホホ…。

こういった、一部の人に向けたゲームの多くは、
「料理のおいしい○○屋」と言えると思います。

いくら「料理がおいしいんだよ!(=中身が面白いゲームなんだよ!)」と言われても、
メイドカフェに女性が行くのは抵抗があるものなのです。
逆に、いくら面白くても見た目が完全に女性向けなら、それは「料理のおいしいホストフラブ」というところでしょうか。

海外産ゲームのキャラクターは男臭く、より男性向けに感じることから、
立ち飲み居酒屋のような印象を受けていますね。
女性一人で入る勇気がありません:
男性の中でも、こういったお店は苦手だと感じる方がいらっしゃるのではないでしょうか。







海外で主流のFPSやガンシューティング
→ナイフとフォークが苦手な日本人

海外産のゲームは、ワールドワイドに市場を展開しているため、資金力が違います。
最先端のゲーム、最高峰のゲームをと考えると、
海外産ゲームは無視できない時代です。

しかし、まだまだ日本での浸透が足りない原因は、
FPSや銃を使ったアクションに、日本人が馴染みがないからではないでしょうか?

多くのゲームは、敵を倒すという大前提の上に様々な個性を出して楽しませてくれています。
しかし、その敵を倒すという前提が日本人が上手に扱えない武器、
例えば、ガンシューティングやFPS。
食事で言う、フォークとナイフだったら、せっかくのおいしい料理も口にすることができません

フォークの背にライスを乗せる?無理無理…。
「箸をくれー!!!」と言いたくなってしまいます。



結論!真のグルメは全て楽しめる

まだまだ色々例えることはできますが、際限がないのでこれくらいにして…。

結論からいうと、本当に料理のおいしさを追及している人であれば、
これらすべてのハードルをクリアして、
純粋に料理の「おいしい」、「おいしくない」の判断ができるでしょう。
(それもまた好みですが)

しかし、多くの人はそうではないと思います。
「こんなにおいしい料理なのになんで食べないの!?」と言われても、
そこにはそれぞれに理由があります。

料理の価値は料理(ゲームの中身)だけで決まるのではなく、
お店の雰囲気や店員さんの態度など、いろんな要素が加味されて好き嫌いが生まれるのです。

それをグルメの人が偉そうに説教できる道理もありませんし、
無理して食べてみたらおいしかった!なんてこともあるかもしれません。

ゲームの好みをゲームの中だけで考えようとすると堂々巡りになってしまいがちですが、
食べ物やお店の好みに例えてみると、本当の意味での「人それぞれ」が客観視できるような気がしました。

個人的に一番頭を悩ませてくるのは、
「料理のおいしい○○屋」シリーズですねw
ゲームを趣味にしている以上、男性向けというハードルとは戦い続けならねばならないのでしょう。




【おまけ】リアルなお店選び

さて、ゲームの話とは関係がなくなってしまいますが、
リアルな生活の中での私のお店選びを少し。(え?興味ない?w)


先のコラムの内容に似ていますが、私は料理のおいしさだけでお気に入りのお店を見つけるタイプではありません。
私は食べるのが早くないので、繁盛しすぎているお店はちょっと苦手です。
特に、行列のできるラーメン屋。
ラーメン屋は個室や間仕切りなどがないため、
行列を見ながらラーメンを食べることが多いと思います。

食べるのが早くないのに、気が小さい私は、「早く食べなきゃ」と焦ってしまい、
詰め込むようにラーメンを食べてしまうので、お店を出たときには気持ち悪くなってしまうことが多いんです。
新しい味を求めてラーメン屋巡りをしたりしますが、
結局いつも行くお店が恋しくなるだけだったりします。

店員さんがやたらフレンドリーのうるさい店や、
店主に主権があって客が気を使わなきゃいけないお店は苦手ですね。

逆に、好きなお店は、
ある程度放っておいてくれるおいしいお店です。
おいしい料理があって、それを友人や家族と楽しく囲めればそれだけでいいんです。
細やかなサービスは嬉しいけど、それ以上の過剰な干渉はいらない。
こちらが気を使ってしまいますからね;


ちなみに、テイクアウトができる店なら、店員さんの態度は気になりません。
おいしいケーキ屋やお肉屋は、
職人気質の変わった方が多いですからね。



★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆わっふるさん◆
> 家庭用好き=スマホゲーム嫌い
確かにこのイメージは少しありますね;
ゲームに限ったことではないですが、
ネット上は泥の塗り合いのような議論が多くて、
目も当てられないです;
「みんな仲良く」は理想論ですが、
他人を蹴落として快楽を覚えてしまうのは悲しいですね。


>女性をターゲットとして考えてないようなゲーム
日ごろ感じている肩身の狭さを少しでもわかっていただけて嬉しいです>_<
私も、同性にお勧めできるようなゲームソフトって、
年に1本あるか…、いや、ないなってくらいです。

近年のプレイステーションは、男性向けのガジェットという印象が特に強いですね。
山田孝之さんのCMも、インパクトがあって面白いとは思うのですが、
男臭さに拍車がかかっていて、ちょっと近寄り辛い雰囲気です;
アニメ好きの女子なら、VITA辺りの国産ゲームについていけそうな気もしますけど♪


>他のブログなどを読んでも得られないような発見があって好きです
あぁ~、そんな言葉をいただけるなんて幸せです!
週1更新でやる気のないブログですが、
これからも見守っていただけると嬉しいです。

No title

面白い例えが多くて楽しめましたわふ。
料理はジャンルも幅広いし、食事をするという行為は
人間必ず行うことなので、共感も得やすそうですよね~。
選ぶ料理のジャンルなどによっては優しく伝えられたりもできますし。

私の場合はゼルダ好きにはゼルダネタでーとか、
相手の好きなものに例えて伝えたりとかよくやってますね。

家庭用ゲームの方が偉いんだぞ!って空気はなんとかしてほしい。
家庭用好き=スマホゲーム嫌いって勝手に勘違いもされちゃうし。
ハードの話もそうですけど、わざわざ対立させるように話す人が多くて困る。

女性をターゲットとして考えてないようなゲーム、多すぎあるあるわふ。
主人公が男の子しか選べなかったりとかも未だに多いですし。
女性にももっとゲームを遊んでほしいと思うし、オススメもしたいけど、
遊んでもらえそうだと思えるゲームの選択肢が少なすぎ……。

ポケモン新作のパッケージも女性だとどっちを選ぶんだって考えましたもん。
男性でもどっちを選ぶんだろ。自分はどっちも嫌だって思いましたけど(笑)。

わにやまさんのような女性ゲーマーの感想や意見って希少で貴重なので、
他のブログなどを読んでも得られないような発見があって好きです。
これからもわにやまさんならではの何かを期待して更新待ちわふね!

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。