スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【土曜更新】おっさんピカチュウが名探偵?ビルダーズ感想もあるよ!ランキングや新着情報満載でお届け

情報いろいろ
01 /30 2016
[ゲーム]

おっさんピカチュウが大活躍!『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』が2月3日配信決定

以前より開発が明らかになっていた探偵ピカチュウが主人公のタイトル、
『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』の配信が2月3日に決定しています。

ゲーム内容は、名探偵ピカチュウと人間のティムが事件解決のために、
証拠品を集めたり推理をするという「シネマティックアドベンチャー」です。

どうせ普段のピカチュウと違ったキャラクターにするなら、
これくらいぶっ飛んだ方が良いのかもしれませんね。

価格は1500円(税込)で、
私はニンテンドープリペイドカードが余っているので購入してもいいかなと思いましたが、
アドベンチャーゲームだし、今は遊んでいるゲームがあるので自重しようかな。

2月29日までの期間限定で1200円(税込)で購入できますので、
気になっている方はお早めにどうぞ!




【ゲームランキング】龍が如くが1、2!ゼルダ無双は3位に登場

1位 龍が如く 極
2位 龍が如く 極
3位 ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ
4位 ジャストコーズ3
5位 バイオハザード オリジンズコレクション

6位 モンスターハンタークロス
7位 バイオハザード0 HDリマスター
8位  Splatoon (スプラトゥーン)
9位 モンスターストライク
10位  妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊


今週のランキングは、『龍が如く 極』がPS4>PS3で1、2位を獲得。
両機種合計で16,3万本を販売しました。

『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』は、5,4万本で3位に登場しています。
WiiU版は初週6,9万本だったので、あまり減少していないように感じます。
WiiU版を購入できなかった層の受け皿になれたようですね。

今週は、『ジャストコーズ3』や『バイオハザード オリジンズコレクション』、『バイオハザード0 HDリマスター』など、
新作が全部で6本もランクインしており、賑やかですねー。
旧作はいつもの、モンハン、スプラトゥーン、モンスト、バスターズが並んでいます。



[映画]

Kiroroの名曲が染みる!!『アーロと少年』ミュージック予告編が公開

ディズニー/ピクサー新作『アーロと少年』の新しい予告編が公開になっています。
Kiroroのヒット曲『Best Friend』が流れる予告編となっており、
この楽曲の編曲はピクサーが監修したんだとか。
楽曲の良さを改めて感じることができる良い予告編に仕上がっていますね。

最近のピクサーは、『ベイマックス』で、AIの『Story』を起用するなど、
J-POPの過去のヒット曲を積極的に使用していますね。
それだけ手ごたえを感じているということなんでしょう。

映画は、3月12日公開予定。



nobunaga.jpg
【映画ランキング】信長協奏曲がスターウォーズから1位を奪取

1位 信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)
2位 スター・ウォーズ フォースの覚醒
3位 手裏剣戦隊ニンニンジャーVSトッキュウジャー THE MOVIE 忍者・イン・ワンダーランド
4位 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!
5位 パディントン

6位 シーズンズ 2万年の地球旅行
7位 orange オレンジ
8位 ザ・ウォーク
9位 傷物語I 鉄血篇
10位 ブリッジ・オブ・スパイ


今週は人気ドラマの劇場版、『信長協奏曲』が1位を獲得。
興収は6,1億円と、最終的には30億円越えも視野に入る好スタートを切りました。

2位に落ちた『スター・ウォーズ』ですが、特に不調ということもなく100億円目前となっています。

ワールドトレードセンターでの命がけの綱渡りを描いた『ザ・ウォーク』は、
公開館329の数字には似合わない8位スタート。
ソニー・ピクチャーズの配給らしく、ソニーの「VR」を利用した宣伝は結構話題になっていたと思うんですが、
少々手を広げすぎたかな?






~来週の新着情報~

[映画]
odessei.jpg
オデッセイ

火星に取り残された宇宙飛行士をマット・デイモンが演じた作品。
友人が「観たい!」と言っていたので、お付き合いして観に行くことにしました。
映像が素晴らしいということで期待しています。




2016-01-28-120638.jpg
PSVITA『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』
現在のお気に入り度:
★★★★★★☆☆☆☆ 星6コ

あれ?なんか地味!
これが遊んでみた感想です。

拠点となる町を復興しながら、敵と戦い、素材を手に入れ、ちまちまとモノづくり…。
楽しくないわけではないのですが、なんか地味だなぁと感じました。

特に「地味さ」を感じたのはフィールド
敵がいたりはするのですが、基本的にはただブロックが積み重なっているだけのフィールドなんです。
高い山があるからせっせと登ってみても、頂上には宝箱ひとつないし、
ちょっとした洞窟は、本当にただの穴という感じで、
フィールドを歩いていても全然楽しくない!



2016-01-28-192153.jpg

広大なフィールドは確かにすごいですし、それをマップ切り替えなしで実現しているのもすごいです。
しかし、宝箱やサブイベントがフィールド上にあまりに少なく、
余白フィールドが多すぎるように感じました。

そして、ブロックが積み重なっただけの世界は、思っていたよりも歩きにくいです。
少し歩けば、断崖絶壁ばかりで、縦に登る時間がかかるので、
フィールドの広さ以上に移動が面倒になっています。
これは、自分で土地を整地していく楽しさを考慮しているかもしれないので、
一概に否定はできませんけどね。



2016-01-28-225116.jpg

ゲームは、拠点となる町を復興していくことで進んでいきます。
住民のクエストをこなしていくことで、作れるものが増えたり、
町を襲うモンスターのボスを倒すことで新たな大地へ進み、新たな素材を入手して町を作り上げていくという感じです。

ここでもひとつ注意が必要なのは、女性は序盤を楽しめないかもしれないということ。
お花を咲かせたり、噴水があったり…、華やかな町を作りたい!
と思うのが普通だと思うのですが、
モンスターが攻めてくるというゲームの特性上、より強固な要塞としての町が求められます。
町の周りに罠を置いて、頑丈な城壁を作り、敵を迎え撃つ。
そんな街を作っていてもあんまり楽しいとは感じないかもしれません。

しかも作った町はガンガンモンスターに壊されますからね。
あんまり気合入れて作らない方が良いかと…。

1章をクリアすると、「知られざる島」という、敵も襲ってこない島で自由にモノ作りが楽しめますので、
ストーリーモードはあくまでアンロック要素だと思った方が良さそう。



2016-01-29-140557.jpg

もうひとつ気になったのは戦闘です。
戦闘はアクションなので、個人的に嫌いではないのですが、
多勢に無勢が過ぎるように思います。

少し強いモンスターに挑んでいると、周りのモンスターがわんさか寄ってきて数の暴力で殴られまくったりすることが…。
雑魚ならまだしも、耐久力があるモンスターは1対1で戦わせてほしいと思ってしまいますね。

あと、ダメージ判定です。
主人公の武器はリーチが短いので、かなり敵に近付かないと攻撃を当てられません。
しかし、敵に触れるだけでダメージ判定があるので、
せっかく敵の攻撃を避けているのに、接触でダメージって…、かっこ悪すぎますよね;
この辺はテクニックなのかもしれませんが。



2016-01-28-232008.jpg

ゲームを始めた一番最初に「あなたは世界を救う勇者ではありません」って言われるのですが、
この言葉をもっと胸に刻んでおくべきでした。
少しでも「ドラゴンクエスト」を期待していると、あまりに違う世界に物足りなさを感じてしまいます。
ダンジョンが欲しいとか、入り組んだ道の先には宝箱が欲しいとかね。



2016-01-29-172051.jpg

「ブロックメイクRPG」という新しいジャンルに、さっそく洗礼を浴びているところですが、
遊び続けてしまう魔力は感じていますし、
まだまだゲームはこれから。
このジャンルの楽しみ方を少しずつ覚えていきたいと思います。
元々ちまちました作業は嫌いじゃないので、きっと好きになれるはず。

アマゾン:ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ VITA/PS4




new_004_201601300033510ed.jpg
PSゲームアーカイブス『デュープリズム』

お気に入り度:
★★★★★★★☆☆☆ 星7コ

クリアしました!
2人目の主人公となる「ミント」は、超やんちゃな性格で、
絵にかいたような良い子ちゃん王道主人公だった「ルゥ」とはまた違った楽しさがありますね。
なんてったて最終目標が「世界征服してやる!」ですからねw
よりコミカルなやりとりが多くて楽しいです。

で、ゲームの方ですが、
てっきり2人の主人公を遊んで初めて1つのストーリーになるのかな?と思いきや、
主人公を変えても、行くダンジョンや会話のテキストは一緒の部分が多いですね。
どちらかを「主人公」、どちらかを「脇役」にした、ほぼ同じゲームと言った感じです。
終盤になると、限定ダンジョンがあったり、そもそも剣士と魔法使いというアクションの違いもありますけどね。
期待したほどの変化ではなかったというところでしょうか。




new_002_20160130003416620.jpg

ミント編の感想を…。
始めてしばらくは、「ミントの魔法は超楽しい!」って思ったんですよ。
遠距離からの攻撃が可能なので、剣士のルゥと違って、
雑魚敵があっという間に片付いていくのは爽快でした。
しかし、ゲームを進めていくと気づきます。
「ミントは物理攻撃の方が強い」ということにw

せっかくの魔法使いなのに、ボス戦ではほとんど物理攻撃使ってましたからねw
この調整はこれで良いのだろうか?と疑問に思ってしまいましたよ。


new_001_20160130003452ffe.jpg

ですが、基本的には雰囲気の良いアクションRPGで、
遊んでよかった!と思いました。
真面目な「ルゥ」とやんちゃな「ミント」という、対照的な主人公も面白かったですし、
ダンジョンはギミックも効いていて、楽しめました。
キャラクターのステータス強化のためにめっちゃ時間費やしましたしね!

近年は、こういう全年齢が楽しめる見た目のアクションRPG自体が絶滅危機なので、
今の私にとっては有難い存在です。




005_201601300033292d2.jpg
スマホゲーム

■妖怪ウォッチぷにぷに
「ガチャが渋すぎる!!!!」最近友人とこんな話をしています。
もうかなりの数のガチャを回してきましたが、
Sランクが出てきたのはたったの1回だけ。
友人に関してはゼロですよ!
ゲームは、進めていくほどに、敵妖怪が既に戦ったことのある妖怪ばかりになり、
ミッションも、結局は同じことの繰り返し(スコア○○以上とか)。
このままではすぐに飽きてしまいますね。
高難易度の追加だけでない新しい追加要素を入れて行かないと、ユーザーが離れてしまうかも。


■クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ
グリコ(お菓子メーカー)とのコラボイベントが始まりましたね!
以前にもウィズはグリコとコラボしていて、その時のクイズで「グリコ」という会社についてめっちゃ詳しくなった記憶が…w
今回もその知識を活かして頑張るぞー!
最近は、少しイベントの合間があったので、
キャラクターを色々進化させようと思ったのですが、
集められる進化素材が曜日ごとに違うので、結局ほとんど進化できなかった…。






new_001_2013121603452905c.jpg
▼ 名古屋!

来週か再来週あたりに、名古屋に遊びに行く予定です♪
私は名古屋の、「味仙」というところの台湾ラーメンが大好きで、
名古屋の親戚に、お持ち帰り用のラーメンをよく買ってきてもらいます。

台湾ラーメンはねー、しょうゆベースの辛いラーメンで、
特に味仙のラーメンは鬼のように辛い!!!!
でも、ちゃんとうまみがあるので、辛くてもおいしいんです。

私は昔、辛いものが大の苦手だったんですが、
台湾ラーメンのおいしさで辛さを克服したんですよ。

せっかく名古屋に行くので、おいしい手羽先とかご当地のグルメを食べられたらいいなぁ。
休日に行くので、混みそうな観光地はパスして、
おいしいものを目当てに行ってきたいと思います♪




★ツイッターにて更新案内しています



関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。