スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣りゲー?いやいや目押しゲー!PSP『ニッポンのあそこで』レビュー

ゲームレビュー
10 /27 2015

ニッポンのあそこで / ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 星3コ
※5点を基準に、加点、減点して評価しています。

プレイ時間◆11時間
ジャンル◆地図・エンタテインメント

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。
アマゾン:ニッポンのあそこで



new_006_201510141003325b2.jpg
☆ 自分の手で日本地図を埋めていくちまちま感

本作は地図・エンタテイメントということで、地図上に浮かぶ魚影を釣り上げ、魚が飲み込んでしまった日本のランドマークを埋めていくゲームです。

釣りはルーレット方式で、上手く青のマスに止めることで魚の体力を削っていきます。
(赤のハズレマスではダメージを受ける)

釣り上げたランドマークは、実際に地図上に表示され、解説を聞くことができるので、
殺風景だった地図が賑やかになっていくのが楽しいですね。
地図上には電車や車、飛行機などがランダムで飛んでいるので、紙の地図とは違った魅力があります。

地図上の風景は、ゲーム機本体の時間と連動しており、
遊ぶ時間帯を変えることで、いろんな雰囲気の日本を楽しむことがてきます。



new_011_201510141003513e5.jpg
▼ お題をクリアして進める

ゲーム進行は、お題となるランドマークを埋めていくことで進んでいきます。

日本の城、スポーツ競技場、歓楽街、遊園地など、
テーマに沿ったお題を求め、全国を巡ります。

お題付近へのワープ機能が付いており、
お題に必要な魚はレーダーに赤色で表示されるので、サクサク進めることができますね。



new_015_2015101410041148a.jpg
☆ かわいいゆるキャラたち

一応、ストーリーが存在していて、
宇宙人が日本の調査に来たということになっています。

語尾に「チュ」をつけるかわいいゆるキャラたちのやり取りは結構ゲームの楽しみでした。

厳しい上司とちょっとやる気のない部下の温度差がツボw




new_021_201510141004295f1.jpg
☆ 目に見える収集要素が嬉しい

本作は、「日本のモノ」にフィーチャーしているだけあって、様々な収集要素があります。

ゆるキャラが身につけてくれる着せ替えアイテム、コックピットに飾られる装飾品、そして地図上のオブジェクトなど、
集めたモノがきちんと可視化しているので、
ご当地の知識を見て感じることができますし、
収集意欲もグッと上がります。

着せ替えアイテムは、自分で宇宙人を着飾ることもできますが、
放っておいても勝手にいろんな服を着てくれるので、
ミッション終了時にコックピットを覗くのが楽しみでした。


new_009_201510141004504a9.jpg
★ 釣りゲーっていうか目押しゲー

魚を釣って地図を埋める。確かにちまちま感は楽しいのですが、
逆に言うと、このゲームでできることは本当にそれだけなんです。
うーん。地味な感じは否めません。

面白くないというのではなく、「これだけでは物足りない」といのがこのゲームの感想。

結局のところ、釣りゲームでもなく、
ひたすらルーレットを繰り返す目押しゲーなので、
目も疲れますし、途中で飽きてしまうかもしれませんね。



new_010_20151014120029031.jpg
▼ 止まらないマスがある

目押しゲームと言いましたが、明らかに停止しないマスが存在するのは解せませんでした。

スティックをルーレットの反対方向に回すことでルーレットの速度を緩められ、
これを使えば止まるようにもなるのですが、
速度が不規則のため、逆に難しいですし、
そもそも通常速度で止まらないマスが存在していいのか?という疑問が残ります。

ゲーム終盤ともなると、青色マス(魚の体力を削る当たりマス)は少なくなりますし、
一度止まったマスはダメージマスに変わってしまうので、
止まらないマスも当てていかないと釣れない場合が出てきます。

止まらないマスの有無はランダムなので、ギリギリで釣り上げることが多い終盤は運に左右されるのが嫌でしたね。





new_019_2015101412000884f.jpg
★ 過疎と過密

これはゲームへの不満というか、日本へのクレームという規模の大きなものになってしまうのですが…w

東京や大阪など、都市部には魚影が多く、地方にはほとんど魚影がないので、
バランスが悪いように感じました。

連続で魚を釣りたいとき、地方だと魚影を探すこと自体に時間がかかってしまうので、
近くにある魚影へ誘導する矢印くらいはつけてほしかった。



new_020_20151014115949e3f.jpg
★ 意外と日本の勉強にはならない

日本のランドマークを埋めていくんだから、観光名所の勉強になるんじゃないかな?と思っていたのですが、
これが意外となりませんでした。

というのも、ゲームを進めるためにガンガン魚を釣っていくので、
釣り上げたランドマークの解説もパラパラ読みしちゃうんですよ。
「へぇ」、「ふーん」程度の興味では頭に入っていかない。というのが実のところ。

また、ナビを使っていると経験があると思いますが、
普段使用する地図の縮尺では、
現在地点が日本地図上のどの辺りか?というのはわかりづらいと思います。
同一県内でも西側なのか東側なのか?とかね。

このゲームも一緒で、
全国を巡っていても、結局プレイヤーが見ているのはごく一部分なので、全体の把握が難しい
小さく日本地図を表示して、現在地にマークが付くなどしていると良かったのですが。





面白くないことはないのですが、地味なので大きな楽しみも得られないといった感じかな。
ゆる~く楽しめるゲームだと思います。

ある程度目押しができればクリアできるはず!
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆pecoさん◆
面白さは地味ですが、地図をゲームにするという独創性は高いですね。
何も考えずに遊べるので、息抜きには良いかもしれませんが、
ずっと目押ししていくだけなので、
クリアまで根性が持つかはプレイヤー次第と言ったところでしょうかw

改変された「2」が出たら買っちゃいますね!
…、ないでしょうけど^^;笑

No title

このゲーム、アマゾンですと妙に評価が高いので、
気にはなっていたんですよね~。
ただレビューを見るとライト層に受けている印象でしたので、
わにやまさんのレビューを見てその理由も納得出来ました。

もっと突き詰めた「2」が出たら買おうかな~…って、ないか^^;

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。