スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初のゲームミュージックライブへ行ってきました!「スーパーマリオ30周年記念ライブ」in大阪

特集
09 /24 2015
new_002_20150923231523aa7.jpg

先日、「スーパーマリオ30周年記念ライブ」の大阪公演に行ってきました!
今日は、その感想を少し紹介出来ればと思います。



new_001_20150923231522834.jpg
たった15人でマリオミュージックを奏でる

私はゲームミュージックの公演に足を運ぶのが初めてで、てっきり大所帯のオーケストラのようなものを想像していたのですが、
行ってみてびっくり!
なんと演者さんは15人だけ!

「マリオコンサート」ではなく、「マリオライブ」という名前がぴったりですね。

管楽器×7
ギター&ベース×3
ドラム×2
ピアノ&キーボード×2
バイオリン×1

カジュアルな雰囲気で、迫力の音を楽しむことができます。





任天堂の人も登壇

MCでは任天堂の宮本さん、近藤さん、手塚さんが登壇。
初めてゲームを作ってる人を生でみたなぁ。

司会者の人が話を振るんですが、
近藤さん、観客の方を一切見ないシャイっぷりがキュートでした。
宮本さんはイメージそのまんま、子供のようにキラキラ笑う姿が印象的です。
手塚さんに関しては登壇前の20分休憩に普通にその辺歩いてたし…笑

マリオの制作秘話や雑談を聞けて面白かったです♪




マリオ音楽には欠かせない管楽器

15人という少ない演者さんの中、
トランペット、トロンボーン、サックスだけで1/3を占めていますが、
生で楽曲を聞いても、マリオ音楽での管楽器の存在感は大きいですね。

空間を切り裂かんばかりの弾けるような管楽器の音を聞くと、ブワァッ!っとゲームの映像が浮かんできます。

今回は生演奏なので、ゲームで聞いた電子音が別の楽器で再現されているなど、
ライブならではの表現方法も楽しめました。




ギターギャンギャンのクッパ音楽が格好良い!

楽しい雰囲気のマリオ音楽から一転、
歴代のクッパ戦メドレーは激しいロック調でとても格好良いです!

ギターがギャンギャン鳴り響き、照明も赤や青が激しく点灯します。

中央に設置されたスクリーンには歴代のクッパ戦が流され、
自分の体験も重なることで見入ってしまいました。

やられまくるクッパがちょっと可哀想にも見えましたが笑





メインスクリーンのカメラワークは微妙

中央に設置されたスクリーンには、ゲーム映像だけでなく、
演者さんの演奏している姿も映されるのですが、
これは微妙でしたね。
まず映像が鮮明ではないこと。
そしてカメラワークが悪い

演出上、演奏していない人にはライトが当たっていないのですが、
その何も見えない暗闇を映し続けていることが多かったです。

ライトが当たっていても、照明の角度が悪いのか、顔が影になっていて表情が見えたり見えなかったり。

この辺は改良の余地がありそうでした。



初めて歌手以外の音楽公演を見に行きましたが、
「また行きたい!」と思える大満足の内容でした!

お子さんの姿も多く、
途中でWiiUをプレイするお遊びコーナーがあるなど、ゲーム音楽の特性を生かしたイベントですね。






▼おまけ

高校時代を思い出したaikoのバックバンド

実は、マリオライブが開演して10秒と経たずに衝撃が走りました。
演者さんの中に見たことある顔が。

私は高校時代にaikoさんのライブに何度も足を運んだのですが、そのバックバンドの方が参加されていたんですね。

高校時代、好奇心に任せて色んなことに挑戦していた当時を思い出しました。
またaikoさんのライブにも行きたいなぁ。
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
kentさんも大阪にいらっしゃったとは!
奇遇でしたね*

はい、とても楽しめました^^*
と同時にゼルダコンサートが大阪でもやっていれば…!
と悔しい気持ちになっちゃいました((^^;)
それくらい大満足です♪

マリオライブ、行かれていたんですね!
実は僕、その日に大阪にいたんですよ。
ちょっとオフ会に誘われていて。
オフ会の参加者でもマリオライブ行かれていた人がいました。
残念ながら僕は時間の関係で参加できなかったんですけどね(>.<)
みなさん、楽しまれたようで良かったです!

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。