スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アミーボの購入に躊躇する理由。

コラム
08 /16 2015

NFC機能を搭載し、遊べるフィギュアとして任天堂から発売された「アミーボ」。

私は、発売日に「むらびと」のアミーボを購入したっきりで、
あまり魅力を感じていないのですが、
それには「アミーボ」の微妙な位置づけに理由があると思うんです。

今日は、そんな話。



new_002_20140611040205c27.jpg
アミーボはフィギュアか?データか??

私が「アミーボ」に魅力を感じない一番の理由はこれです。
果たして「アミーボ」はフィギュアなのか?データなのか?
今まで私は、「アミーボ」という商品をデータとして見ていました。

フィギュアをゲーム機にかざすと何かが起きる。
その「何か」にとても期待していたんです。

しかし、実際に発売されたアミーボを使用してみると、
スマブラでは、自分では操作できないキャラクターがライバルとして登場するだけだし、
その後発売されるタイトルでの活用方法を見ていても、
おまけ要素のアンロックができるだけ。

「え?使い道これだけなの?」
というのが率直な感想でした。

たったこれだけの使い道のために1,200円は出せない
これが私がアミーボに魅力を感じない理由です。

1,200円あれば、ちょっと高いダウンロードソフトが変えてしまう値段ですからね;





フィギュアとしてなら十分満足!

しかし、最近気が付いたのですが、
フィギュアとしてのアミーボには満足できるだけの価値があると思います。

任天堂公式のキャラクターフィギュア。
個体差はありますが、出来も概ね良好で、価格も1,200円と高すぎることはありません。

そして何より、大好きなキャラクターたちが続々と商品化されることは、
ファンにとってとても嬉しいことです。

例えば、「ちびロボ」。
人気がないわけではないですが、あまり商品化されてこなかったキャラクターが販売されるのにはとても魅力を感じています。





2つの魅力がかみ合っていない

フィギュアとしてだけで見れば魅力的なアミーボ。
データとしてみると物足りないアミーボ。

この組み合わせの悪さが購買意欲を邪魔しているんだと思います。

アミーボはその性質上、フィギュア以上のことを期待されている商品なので、
+αの魅力が弱いと、フィギュアとしての価値、
アミーボそのものの価値に気づきにくいのかもしれません。



new_002_2015080823374640b.jpg
欠点を解消してヒット中の『どうぶつの森amiiboカード』

今まで記述したアミーボの欠点を解消した商品が『どうぶつの森amiiboカード』だと思っています。
フィギュアがカードに置き換わり、価格もお手頃です(現在はプレミア化で高騰していますが)。

そして大切なことは、価格を抑えたことで、
アミーボの持つデータとしての価値とのバランスがとれてきたということです。

本商品は3枚入って1パック300円。
1枚100円という計算になります。

アンロックされる要素はタイトルによって異なってはいますが、
「これならアリかも!」って思えませんか?

それにカードとしてのコレクションという楽しみも付いてくる。
任天堂らしい遊び心に溢れた素晴らしい商品に早変わりしちゃうんですね!



決してフィギュアの「アミーボ」が不調という訳ではないのですが、
私個人が感じる魅力はあまり大きくありません。
どうしてもデータと価格を比較して購入の是非を決めてしまっているところがあります。
1200円のアミーボなら、それ相応のダウンロードソフトくらいついてこないと満足できなくなってしまっているんですね;

この心理を打破してくれる驚きの遊びが、何かあれば良いのですが、
私は天才じゃないので、なんにも思い浮かばないんだなぁ。

みなさんの中では、「アミーボ」ってどういう位置付けの商品でしょうか?

関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
>ラムネ菓子付きのおもちゃ
本当、そんな感じですね!
アミーボは「ラムネ菓子」の部分が重要視されてしまうので、半端なものでは満足できないくなってしまっています((^^;)

ちびロボのアミーボが欲しいなぁとは思いつつも、ただのコレクションになってしまいそうで…。

No title

>2つの魅力がかみ合っていない

そう、これが大きいんですよね~。
現時点ではラムネ菓子付きのおもちゃみたいな印象です。
ゲーム内での特典が本当におまけレベル。

かといって特典が豪華になり過ぎると
「DLCとして配信して!」となってしまいますし、
難しい位置付けの商品を発売したなーと思います。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。