スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぞ映画!と呼べる快作!『ジュラシック・ワールド』短評

映画短評
08 /11 2015
jurasikkupa-ku.jpg

ジュラシック・ワールド / ★★★★★★★★★★ 星10コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。


■はじめに
シリーズ未鑑賞でも問題なく楽しめます。

【物語】新種の凶暴恐竜が脱走し、パニックに陥った恐竜のテーマパークを舞台にしたパニックアクション。

正直、序盤はなかなか話が進まず退屈な時間が続きます。
なので、欠点がないわけではないのですが、
それを遥かに凌駕する中盤以降の息もつかせぬ興奮の連続大満足の1本でした!

恐竜という、絶対的強者が人間に牙をむいたときの恐ろしさ、
ホラーとはまた違う、心臓がバクバクする様な興奮がダイレクトに突き刺さってきます。
だけど、これだけ人が死ぬのに、
お子さんでも問題なく観られるところがすごいです。
人が犠牲になるシーンは、多くが丸呑みなので、
人体の切断などはあまりなく、血飛沫系でもないので、
老若男女を問わず楽しめると思います(全くそういうシーンがないわけではない)。

そして、恐竜のパニック映画ではありますが、
その中に生きるキャラクターがとても魅力的です。
現場で恐竜に寄り添って生きてきた職員の主人公と、
経営者の立場から恐竜を商材としてしか見ないキャリアウーマン。
このキャリアウーマンの「クレア」が、
主人公と共に、脱走した最恐の恐竜と対峙していく中で、
恐竜を理解し、逞しくサバイバルしていく姿が痛快でとてもチャーミングです!

騒動に巻き込まれる兄弟は、観客が感情移入することができ、
また、非力ながらもピンチを切り抜けていくハラハラを演出します。

もちろん、迫力満点の恐竜からも目が離せませんし、
ジュラシックシリーズの「あの曲」が気分を盛り上げてくれます。
まさか最後に「アイツ」が出てくるとは!
興奮間違いなしです!

ぜひぜひ劇場に足を運んでいただきたい「これが映画か!」と再認識させてくれる快作でした。
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。