スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前半はフィクションが楽しいものの後半は普通の闘病日記。『夫婦フーフー日記』

映画短評
06 /30 2015
huuhuhu-hu-nikki_20150424170917c35.jpg

夫婦フーフー日記 / ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。


【物語】ガンで死んだはずのヨメが現れた!闘病生活を綴ったブログの書籍化に際した葛藤とその後の生活を追う。

本作は、ガンで死んでしまったブログから生まれた実話を基にした物語。
ですが、映画化するにあたって、
「死んだはずのヨメが現れる」という大胆な設定追加が魅力的な作品です。

前半は、「死んだはずのヨメが自分にだけ見える」という珍妙な現象が巻き起こすコメディが良くできていますね。
2人のケンカ腰のような、でも絶妙にかみ合っている掛け合いが和気藹々とした雰囲気を醸し出していて楽しく観られます。
そんな主人公は、傍から見ると独り言を言っているようにしか見えず、
嫁を失った男性がおかしくなったと怪訝な顔をされたり…。
思わず、クスクス笑ってしまう要素が沢山ありました。

ただ…、物語が進んでくると、笑いも減り、
かと言って、際立ったドラマも少ない普通の闘病生活の振り返りになっていきます。
実話なので、あんまり否定的なことは書きにくいのですが、
あくまで映画として見たときには、少々物足りなく感じるのも、また事実。
私は、楽しい映画が好きな人なので、
思いのほか、普通の内容だったかな。という印象です。
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。