スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結編のための準備作品。『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』短評

映画短評
06 /12 2015
hanga-ge-mufinal1.jpg

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス / ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 星3コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

☆ 映画レビューをまとめて見るには、映画レビュー一覧へ。


【物語】「ハンガー・ゲーム」を主催する独裁国家と反乱軍との戦いが始まる。完結篇の前編。

何が面白くないって、
主人公のカットニスが戦うシーンがほぼない。これに尽きます。

完結編へ向けて、細々とした説明を前編でやってしまいたい気持ちはわかりますが、
それにしたって、退屈でした。

個人的に違和感を感じたのは、やはりカットニス。
毎作、枠にとらわれない行動を見せてくれるのが魅力ですが、
反乱軍という組織に組み込まれることで、
破天荒な彼女が見られなくなってしまいましたね。
戦争モノではいつもそうですが、
結局、どちらが正義かわからなくなってくるので、
純粋に主人公を応援できなくなってきます。

あとは、物語の締め方。
次作へ向けての「引き」が弱いですね。
誰か裏切り者がいる!とか、
なにか、大きな爆弾を投下して終わってくれると、
想像力が掻き立てられたように思います。

良かったのは、冒頭でシリーズを簡単に振り返ってくれる映像があること。
全てチェックしていても、忘れている部分はありますから、
上手いこと補完してくれました。
ただ、シリーズ未鑑賞の方向けではないので、
本作から観るのは、おすすめできないかな。

後編あっての前編ですから、
全ては、後編の出来に期待!ということで。
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。