スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純・日本を舞台にワクワク!PSVITA『憂世ノ浪士』速攻レビュー

速攻レビュー
04 /18 2015

本日は、PSVITA『憂世ノ浪士』の感想を速攻レビューとしてお届けします。

2015-03-17-134054.jpg
幕末の日本を大冒険!

舞台は幕末の京都ということで、
時代劇に出てくるような「ザ・日本」を駆け回ることができるのが良いですね。
日本を舞台にした箱庭マップを自由に歩き回れる作品って、
実はそんなに多くないと思うので、
雰囲気は抜群です。

私は京都に住んでいるので、身近な地名が出てくると、
ちょっとワクワクします。
小橋や提灯、お寺などの建造物から、
和服を着た人々も、岡っ引きや町娘、チンピラなど、
様々な人が行き交っているので、
どっぷり世界観に浸ることができます。



2015-03-17-140525.jpg
ミッションを進めていくゲーム

本作は、ミッションを進めていくことでゲームが進行していきます。
ミッションを進めるポイントは地図に載っているので、
敢えてそこに直行しなければ、箱庭マップを自由に動き回ることができるという仕組み。

サブクエストや買い物などが主な寄り道かな。
サブクエストは、数人との戦闘や護衛イベント、
特定のアイテムを集めるものが多いです。

ストーリーを進めることになるミッションは、
別のステージに移行するのではなく、
箱庭マップの一角で敵と戦闘したり、
指定の場所まで移動したり、ムービーの挿入(ポリゴンの寸劇)によって進行していきます。



2015-03-17-151825.jpg
チャンバラアクションは結構難しい

さて、戦闘ですが、
順次できることが増えていくので、その辺りは説明が丁寧ですね。

しかし、結構難しいです。
ボタンをポチポチ押すだけでは、
連続攻撃後に、大きなスキができるので、
相手の連撃を食らうこともあります。

相手の攻撃直前にガードすれば、格好良く反撃ができるのですが、
このタイミングがシビアで、なかなか相手の攻撃を阻止できないんですよね;

回復アイテムもありますし、相手に負けること自体はほとんどないのですが、
やっぱり格好良く相手を倒してこそ、
楽しいと感じられるわけで…。
格好良く倒すには、それなりの技術が必要って感じですね。
上手い人には良いのかもしれませんが、
誰もが爽快なアクションを楽しめるという感じではないです。

随分テイストは違いますが、ちょっとこれってスマブラっぽいなと思いました。
きちんと使いこなせれば、爽快感抜群なんだけど、
あんまりうまくないと、無駄にスキを作ってしまうだけで、
気持ち良さを感じられずになんとなく終わってしまう;
これはもうちょっと遊び続ければ要領を得るのかな?



2015-03-17-151829.jpg
出血表現はオフにできません

CERO:Dということで、戦闘時に敵に斬りつけたり、
斬りつけられると血がブシャァァ!と出ます。
これがなかなかの鮮血で、あまり好きではないのですが、
残念ながら出血表現はオフにできません

ですが、私はものすごくアナログな出血表現オフの方法を見つけました。
それは、真剣を使わないことです!
つまり、刀ではなく、木刀や竹刀を使えば、
血が出ないんです。
もちろん、攻撃力は下がりますが、
私は「EASY」モードで遊んでいるので、なんとか凌げています。

もちろん、相手に切り付けられた時には血が出ますが、
あくまで、「自分が血を出させたくない」だけなので、
この辺は我慢、我慢。

少々厳しい戦いもありますが、
自分は”殺さず”の剣心なんだ(るろ剣の主人公)。と言い聞かせています。



2015-03-16-141702.jpg
ロードは少し長め

箱庭マップから箱庭マップへの移動、
ミッション受注時、ムービー挿入前など、
5~10秒ほどの、素早いとは言えないロードをちょくちょく挿みます。

大きな欠点というほどではないものの、
繰り返し遊んでいると少し気になりますね。



2015-03-16-161348_20150322172355f7a.jpg
主人公の性別は選択できるけど…

ゲーム開始時やプレイ開始後も、
自由に性別を変更できますが、
これは主人公の性別を変えるというよりは、
主人公の見た目だけを変更できるという感じです。

このゲームでは、主人公も喋りますが、
女性主人公を選択しても、一人称は”俺”ですし、
美人な女性に見とれたりします。
始めは、その構造に気付かず、
「何、この特殊な属性持ちの主人公は;」と戸惑いましたね;

それに気付いてからは、主人公を男性に変えたので、
違和感がなくなりました。




アクション面での爽快感がまだ感じられず、
それは自分の技術の問題なので、
もう少し鍛錬するとします。

幕末の日本を歩き回れるのは、結構良いものです。


アマゾン:憂世ノ浪士
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
実は、最初は性別しか選べないので、
このキャラクターはデフォルトなんですよ^^*

顔はかわいいのですが、
頭がすごいことになっているので(笑)、
びっくりしました!

和風の世界を冒険した経験があまりないので、
この世界観はとても気に入っています♪

No title

アバターのキャラクターが可愛いですね^^
僕は作りそうにないキャラクターなので、新鮮に感じます。

出血表現はOFFに出来ないようですが、
自分なりに工夫して遊んでいるようで良かったです。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。