スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ストーリーを楽しむ」という概念がなかった。

コラム
04 /07 2015
new_001_2014022216221342a.jpg

私は、以前に「RPGの面白さがわからない!」と言っていたことがあって、
その時に、「物語も魅力のひとつですよ」という進言をいただきました。

その時は、本当の意味で理解できていなかったのですが、
よくよく考えると、私は、
ゲームで「物語を楽しむ」という概念がまるでなかったことに気付いたんです。

私は、ゲームの中で紡がれる物語って、
主人公を次の目的地へ誘う為の、単なる”理由付け”に過ぎないと思っていたんですよ。

例えば、町の住民が病気にかかっていて、
それを治すための薬を取りに、洞窟へ潜入する場合。
私は、苦しむ住人に感情移入は全くせず、
「あぁ、次は○○へ向かえば良いのね」で終わっていたんですよ。

これって、めちゃくちゃ冷たい人間のように思いますが、
ゲームだから。という特殊な思考が働いています。
ゲームには、フラグというものがあって、
ある事をしないと、物語が進まないようになっていますよね。
さっきの例だと、「薬を入手する」というフラグをクリアしないと、
次の展開は永遠に訪れないわけです。

なので、物語を物語として受け取るのではなく、
ゲームを進めるための記号のようになってしまって、
そこに感情移入するなんてことは考えたこともありませんでした。



new_027_20131113171812a14.jpg

物語は、ゲームという骨組みの上にのって、
表現をより豊かにする肉付けのような存在ですが、
私は今まで、肉付けを無視して、骨組みだけを透かして見ていたんだと思うんです。

だけど、「そっか!物語って楽しむものなんだ!」と、
気が付いてからは、RPGの見方が少し変わりました。
私にとって、RPGの構造って、実はどストライクなんですよ。
色んな町やダンジョンに潜って、
世界のヒーローになれる。
私はそんな冒険感溢れるゲームが大好きです。

ただまぁ、コマンドバトルだけが未だに乗り切れない…orz
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆チョコレートさん◆
私自身は、「もっとゼルダを広めたい!」とか、
そういう大義を持ってブログを運営している訳ではないのですが、
自分の好きなゲームを「好き」って言ってくださる方がいて、
その少しのきっかけに自分が関われているかと思うと、
こんなに嬉しいことはないです^^*

次なる冒険の旅も、楽しいものになるように願っていますね♪

ゼルダ愛です♪

わにやまさんが縁で出会ったリンク君ですが、こんなにも面白く温かい作品だとは全く知りませんでした!スカイウォードもトワイライトも内緒で購入しちゃったので、娘よ、そろそろマスターソードの完全復活に動かないか?(笑)

Re:

◆チョコレートさん◆
温かいお言葉ありがとうございます!

娘さんも、ゲームの世界を愛されているのが、
すごく伝わってきます。
そんな風に思ってもらえたら、
きっとゲームを作った人は幸せですね♪
私も、純粋にゲームを楽しむ心を教えてもらった気がします^^*

なるほど♪

こんにちは♪わにやまさんの表現や感想には、作品に対する愛情を凄く感じますよ(^_^)
風のタクト中の娘が、「ガノンドロフ倒したら、このゲーム終わり?じゃあ、倒さないでおこうよ」…なるほど、ずっとこの世界で遊んでいたいのか♪
クリアせねばと協力してきましたが、一番大事な部分を教えられた気がします(^◇^)

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。