スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽快なアクションと親切なシステムのアクションRPG!PSVITA『イース セルセタの樹海』レビュー

ゲームレビュー
04 /12 2015

イース セルセタの樹海 / ★★★★★★★★☆☆ 星8コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

遊んだ時間◆17時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。


PSVITA『イース セルセタの樹海』は、爽快なアクションで、
町やダンジョンを冒険するアクションRPGです。

■はじめに
筆者は、本作が『イース』シリーズ初プレイになります。
シリーズものですが、本作から遊んでも全く問題ありません。
「EASY」モードでプレイしました。


2015-03-03-223809.jpg
☆ 操作感の軽いアクションRPG

本作は、操作感が非常に軽く、
触ってすぐに面白さを実感できるのが良いですね。
ボタンをポチポチ押して連続攻撃を出せますし、
ポイントを消費してのスキル攻撃(戦闘で自動回復)や、
ゲージが溜まると、派手な必殺技を繰り出すことができます。

さらに、スキル技または必殺技で、
敵にとどめをさすと、スローモーションになり、エフェクトがド派手になるので、
ザコ敵との戦闘もすっごく楽しいです。
そういう特別な倒し方をすると、ドロップするアイテムやお金が増えるので、
仲間キャラの攻撃を見ながら、自分でフィニッシュするタイミングを考えることができます。

また、敵の攻撃をギリギリで避けたり、
ガードすると、動きがスローになって大きなスキが生まれるので、
格好良い立ち回りができるのも、アクションとして魅力的です。



2015-03-03-153101.jpg
▼敵との相性でキャラを切り替え!

仲間キャラはそれぞれに、斬撃系、打撃系、射的系と、
攻撃タイプが分かれており、敵の弱点によって、
キャラクターを切り替えると、有利に戦闘を進められるのがまた楽しいです。

「弱点を突く」と聞くと、難しそうに聞こえますが、
敵を攻撃した時に出る数字の色で、相性が良いか悪いかわかるので、
適当にキャラを切り替えれば、万時OK!(□ボタンで簡単切り替え)
弱点を突くと、さらにエフェクトが派手になって楽しいんですよー。



2015-03-03-095459.jpg
☆ ちゃんとスパイスになるギミックが豊富

RPGやアクションRPGって、ギミックが入っていても、
さほど魅力を感じない、取ってつけたようなものが多いのですが、
本作のギミックは、ちゃんとスパイスとして楽しめるものになっているのがすごいんです。

操作できるキャラは全部で6人。
それぞれにフィールドで使用できる特別なアクションが用意されているので、
道を切り開く楽しさがあります。
ヒビの入った壁を壊せたり、釣り下がった岩を落として足場にしたり、
機械に通電させたり。
詰まってしまうほど難しいものではありませんが、
同じ見た目のギミックばかりではないので、
「あ、ここでは○○のアクションを使うのか!」という閃きが嬉しいところですね。



2015-03-12-115426.jpg
☆ VITAの機能も使った親切なシステム周り

システム周りも親切で使いやすいですね。
装備画面では、ボタン一つで「最強装備」をセットしてくれますし、
ゲーム終盤には、「取得EXP増加」などの有難い装備アイテムが登場するので、
どんどん便利になるのは嬉しいです。

また、VITAのタッチ機能を使って、アイテム画面へのショートカットが可能だったり、
仲間キャラの「作戦」を背面タッチパッドですぐに切り替えられ、
使い慣れるとさくさく冒険を進められます。



2015-03-12-115524.jpg
☆ ワープやダッシュで移動が楽チン!

このゲームは、迷路のように入り組んだフィールドを、
右往左往することになるのですが、
移動スピードが速いので、
全然苦になりません。
通常の移動スピードが速いのに加え、
「Xボタン」でダッシュが可能です。

各地にある石碑が、ワープポイントになっているので、
長距離の移動も快適



2015-03-03-102120.jpg
☆ アクションが増える楽しさ

キャラクターそれぞれの特別なアクションとは別に、
ゲーム進行上手に入るアイテムを使ったアクションが面白いです。

例えば、小人になって小さい穴に入り込めたり、
水の中を泳げるようになったり、
タックルで道を塞ぐ障害物を壊すことができるようになります。

これの嬉しいところは、特定のポイント以外でも使用できるということ。
例えば、高速ダッシュで特定の壁を駆け上がれるアイテムは、
通常のフィールドでも使用でき、
高速移動ができるので、アイテムの汎用性が高くなっています。

できることが増えても、特定の場所でしか使えなければ、
本当の意味で「アクションが増えた」とは言えませんから、
こういう仕様は大好きです。



2015-03-02-223239.jpg
☆ 難易度「EASY」が嬉しい

難易度は、「EASY」、「NORMAL」、「HARD」、「NIGHTMARE」から選ぶことができるのですが、
「EASY」で遊ぶと、ガード時のダメージがゼロになります。
「ぬるい!!」と言われちゃうかもしれませんが、
私は、アクションRPGで、結局のところ、
必殺技の応酬になってしまうのがあまり好きではないので、
敵からの攻撃をガードで耐えて、
スキをついて攻撃!という遊び方ができたので、
とっても気に入っています。

もちろん、難易度は下がりますので、
熱いバトルを楽しみたい方には、関係のない話だと思いますが。



2015-03-12-115636.jpg
★ 無敵時間がない

敵からの攻撃を受けたときに、無敵時間がないのは、
ちょっと困りましたね;
無敵時間はないのに、のけぞりや吹っ飛びで、
操作できない時間はあるので、
連続でダメージを受けることがあり、
煩わしく感じました。

せめて、立ちあがってエスケープする時間をくれないと、
ハマってしまうので、どうにかしてほしいですね。



2015-03-05-154314.jpg
★ テンポが悪くなるキャラの入れ替え

6人の仲間キャラのいますが、
パーティを組めるのは3人。
フィールド上で、パーティに入れていないキャラの特殊アクションを使う場面では、
メニュー画面からパーティを編成する必要があります。
サクサクとゲームを進めている中で、
プレイを中断してのパーティ編成が、
幾度も挟まれるのはテンポを悪くしています。

しかし、このテンポの悪さと、
ギミックと、どちらを取るか?と言われると、
私はギミックが盛り込まれていた方が嬉しいので、
なんとも言えないですね;



2015-03-07-110537.jpg
★ 中盤までの町移動が大変

各地に設置されている石碑がワープポイントになっていますが、
中盤までは、同じエリアにある石碑同士にしかワープができないようになっています。
どんどん先へ進んでいく分には問題ないのですが、
各町には、サブクエストがあるので、
フィールドに出たり、町に戻ったりを繰り返すことが増えると、
これが結構大変です。

町へ移動するには、
ワープ→エリア移動→ワープ→エリア移動
を繰り返す必要があるので、
サブクエストを気軽に楽しむためにも、
せめて、町への移動だけは簡単にしてほしかったですね。



操作感が軽く、すぐに面白さを感じられるのが良いですね。
戦闘がメインではありますが、
ギミックも用意されており、新しいアクションも覚えていくので、
最後まで飽きずに楽しむことができました。

次作も遊びたいゲームです。


アマゾン:イース セルセタの樹海 PlayStation Vita the Best
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。