スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xbox One + Kinect(Day One エディション)が我が家にやってきた!!

特集
03 /08 2015
001_20150307183129f2f.jpg

ジャジャーン!!
ついにXboxoneが我が家へやって参りました!

あくまで、私ではなく父の所有物ですが、
紹介していきますよ*
ちなみに、購入したのはXboxone本体とキネクト、
いくつかのソフトがセットになっているDay One エディションというものです。

中身をご紹介する前に、皆さんにお見せしたいものが…。



015_201503071830403bd.jpg

ホコリ溜まりすぎ!!笑

いや、こんなこと言っちゃ失礼なんだけど、
一体どれだけの期間売れていなかったの!?と疑いたくなりますねw
最新ハードのはずなのに、既に骨董品のような佇(たたず)まいをしてらっしゃいます。

ま、そんな珍事は置いておいて、
さっそく開封していきます♪


005_20150307183042b96.jpg

こちらが本体。
結構ずっしりとした重みを感じます。
縦にも横にも奥行きもそこそこの大きさがあって、
ひと昔前のビデオデッキのようですね。

なんかデカすぎて、果たしてこれはゲーム機なのか?
って思っちゃいますw
テレビ台に入れても、存在感がありますよ。


004_201503071830438d6.jpg

そして、キネクト!
こちらも、Wiiのセンサーバーとは違って、
カメラが搭載されているので、大きめ。
ちょっと想像し辛いかもしれませんが、
1000mlの牛乳パックを横向きにした位の大きさです。
テレビによっては、前に置くと邪魔に感じるかもしれません。

そしてどうやら、キネクトを置く位置は、高めのところが良いようです。
しかし、テレビの上に棚などはありませんので、
我が家ではテレビの左右に置いてあるスピーカーの上に置き、
斜めにして、テレビの前の空間にカメラが向くようにしています。



002_20150307183044bc9.jpg

コントローラーはこんな感じ。
持つ部分はサラサラした肌触りをしています。

こればっかりは、実際にゲームを遊んでみないと、
感想の書きようがないですね;
「A、B、X、Y」の位置が任天堂と違うのでこんがらがりそう。

ただひとつ言えるのは、コントローラーが電池式(単三×2)で、
結構な重さがあること。
電池は手前ではなく、中央の「X」マークの裏辺りに入っているので、
持った時に、向こう側に引っ張られるような感覚があります。
長時間遊んでいると、疲れないかちょっと心配かな。

ちなみに、充電して遊ぶこともできますが、
コードは別売り。
同梱してくれると嬉しかったんだけどなぁ。
エネループ買い足さなきゃ。


003_20150307195256326.jpg

後ろから見るとこんな感じ。
他のコントローラーでいう「L、R」は、押し込むというよりは、
パソコンのマウスのように、
カチカチ押す感じです。
いろんな細かいボタンは、
まだ何に使うのか、よくわかっていません;



009_201503071952584c4.jpg

これは、ヘッドセット
ボイスチャットしながら遊ぶ用かな。
私は、使うことがなさそうですが。

まぁでも、Xboxoneだけじゃなくて、他には使えそうかな?
と思ったら、


010_201503071952591a7.jpg

接続部分がなんか特殊!!(ガーン)
これはXboxoneのコントローラーにしか使えないみたいですね。



006_2015030719530113c.jpg

入っていた機器はこの位かな。
続いては、「かんたんセットアップ」。
と言っても、実際にはこのセットに入っている機器を紹介しているだけかな。
本体を起動した後の細々とした説明は、
一切してくれません;



007_201503072011417c2.jpg

セットになっているゲームのダウンロードコードが記載された紙。
「紙」と言っても、厚紙に綺麗に印刷されているので、
思いのほかちゃんとしていますね。

・ タイタンフォール
・ Kinect スポーツ ライバルズ (キネクト専用)
・ Dance Central Spotlight(キネクト専用)


この3本が遊べますが、インストールに時間がかかるので、
本体を買って、すぐに何かソフトを遊びたい!という場合は、
別にディスクを購入しておいた方が、すぐ楽しめますね♪


008_2015030720114213f.jpg

あとは、ステッカーと、実績のアンロック、
有料会員サービスの15日無料コードが入っています。

残念ながら、私がやったわけではないので、
本体初期設定の詳細を書くことはできないのですが、
結構戸惑っているようでしたね。
まず、適当にボタンを押していたら、
言語が英語で表示されてしまって、
「???」状態に…;

なんでそんなことが起こったかというと、
Xboxoneって、コントローラーのボタン配置が特殊で、
一般的なコントローラーの「決定ボタン」が「キャンセルボタン」に、
「キャンセルボタン」が「決定ボタン」
になっているんですよ。
これには私もかなり戸惑いました。
間違って、「あ、戻らなきゃ!」と思って、
反射的に「キャンセルボタン」を押しているつもりが、
「決定ボタン」を押していて、どんどん先に進んじゃうっていう…;
このあべこべには、今後も悩まされそうな気がしています;



new_001_20150307211130e7c.jpg

メニュー画面のデザインは、マイクロソフトらしく、
Win8のようなタイルデザインとなっています。

まぁ、初めて使うメニュー画面なので仕方ないのですが、
何がどこにあるやらさっぱりでした;
そもそも、どこからゲームを起動するのかもわからないし、
付属していたソフトのダウンロードコードは、
どこで使うのか…。

「詳しくはネットを見てね」ではなく、
やっぱり、何かしらの冊子があった方が有難いですね。
かなり手探り感はありますが、
父も私も機械音痴ではないので、
乗り越えられましたが。



最初の印象は、本体がデカいってことと、
少々不親切でわかりづらいなー。という感じです。
マイクロソフトのゲームハードを初めて触るので、
戸惑うこともあるのは仕方ないです。

しかしこの後、色々触ってみて、
「いいな」とか、「これがすごい!」という部分も分かってきましたので、
”中身”についての詳細は、
また改めて紹介しますね♪
Xboxoneを買うまでの、ちょっと面白い話もありますし、
ネタは沢山♪

晴れて我が家にやってきてくれたXboxone。
遊ばなきゃ損だ!

とりあえず、せっかく無料で付いているので、
自分では絶対に買わなかったであろう『タイタンフォール』とかやってみようかしらw
どんなゲームなんだろ?



アマゾン:Xbox One + Kinect (Day One エディション) (6RZ-00030)
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆pecoさん◆
ありがとうございます!
レジで決済中に、別の定員さんがバックヤードから、
綺麗な(埃のかぶっていない)本体を補充している時は、
心の中で「そっちを売ってくれ!」と思いましたが。笑

初めて尽くしで、まだかなり戸惑っています^^;
元々私は、ゲーム機でゲーム以外のことをしたことがあまりないので、
多くの機能を使いこなせないかもしれません。
…って、まるで私の所有物のような物言いですねw

リビングのテレビは、かなり大きいので、
最新ハードの恩恵を十分に受けられそうで、楽しみです!

Re:

◆kentworldさん◆
はい、いろんな偶然が重なって、
我が家にやってきてくれました。
最近は、任天堂のゲーム機ばかり触っていたので、
コントローラーで英数字を入れるのって、
大変だなー。と改めて感じました;

『タイタンフォール』は、多分がっつりプレイはしない予定です!
明らかに自分の好みを逆行していそうなので、
無料を良いことに、怖いもの見たさで遊んでみたいと思います♪

No title

いや~、入手おめでとうございます!
Xboxoneは未だに良く分かっていなかったので、
開封の儀は興味深かったです。埃の件は笑いましたw

大きさもさる事ながら色々と海外仕様みたいですね。
個人的にコントローラーのバランスは気になりそうです。
他のゲーム機にも言えますけど、電源コードを繋いだら
すぐに遊ばせて~♪と設定しながらも思っちゃいますよね。

ただこれからは贅沢なゲーム体験が待っていると思いますので、
(まるでマイクロソフト社の触れ込みみたいですが^^;)
是非また追記を聞いてみたいです。

No title

本当に購入されたんですね!
セットアップは僕も大苦戦しましたよ・・・。
未だにどんな使い方をしたら良いのか分かりにくい部分もありますし。
癖に慣れると一気に使いやすくなるゲーム機ではあるんですけどね。

タイタンフォールですか!?
チュートリアルは素晴らしいと思いましたが、
アクションシューティングとしてはコア中のコアとも言えるゲームのうえに
オンライン専用だったりしますので、
わにやまさんの感想を聞くのが怖いですw

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。