スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい時代へサクッとタイムスリップ!DS『放課後少年』レビュー

ゲームレビュー
06 /07 2015

放課後少年 / ★★★★★☆☆☆☆☆ 星5コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。


本日は、2008年発売DS『放課後少年』の感想、レビューをしたいと思います。

『放課後少年』は、昭和50年代の町を舞台に、
友達との交流や昔懐かしい遊びを体験できる、放課後アドベンチャーです。


new_002_20150210125203f5f.jpg
☆ ノスタルジーに浸ろう!

本作の最大の特徴は、この世界観です。
昭和50年代の昔懐かしい風景
当時を知っている人も知らない人も、
郷愁に浸ることができて素敵ですね。

特定の場所にはアイテムが隠れていることもあるので、
少しですが、探索も楽しめます。

少年の学校生活を描いていることもあり、
プレイしていると、
自分の小学生時代を思い出します。



new_001_20150210125253372.jpg
☆ 『ぼくのなつやみ』との違いは?

はっきり言って、このゲームは、、
コナミが作った『ぼくのなつやすみ』ですね。

では違いはどこにあるのかと言うと、
『ぼくのなつやすみ』→釣りや虫捕りなどの自然遊び
『放課後少年』→メンコやスー消しなどの文化的遊び
こういうことになるかな。

当時のサブカルチャーがわからない私には、
「?」な部分も多いです。
昭和の雰囲気を感じる建造物や、
芸能人、アニメのポスターなど、
絵にかいたような世界は、まるで映画のセットですね。



new_006_20150210125309b77.jpg
☆ 感動できるストーリー

アドベンチャーゲームでは、感動できるストーリーは大きな利点です。
序盤は特に、ゲームをプレイしながら泣いてしまう位、
感動できるストーリーでした。

あとは、登場人物に個別に友好度があって、
会話での選択肢によって反応が変わるのが面白いですね。

…しかし、同じネタで最後まで突っ走るため、
後半になると、そのクサさに飽きている自分がいたりして;
ラストが感動でおしまい!ならよかったのですが、
ラストが一番冷めてしまったのが残念;



new_003_20150210125327723.jpg
☆ 昔懐かしいミニゲーム

メンコやスーパーカー消しゴムなどを、
実際にDSのタッチ操作を活かして遊ぶことができます。
色んな登場人物を相手に対戦することも可能。
ですが、個人的には最初に一度遊んだきりであまりハマらなかったかな。
私が、この遊び自体に馴染みがなかったからかも;

他にも、水切りや階段の手すり滑りなど、
毎日遊ぶと上達する遊びは、
積み重ねが目に見えるので好きでした。



new_004_2015021012540248b.jpg
☆ 嬉しい時間調整

本作は、ゲームプレイ中にいつでも、
時間の経過を「ゆっくり」、「ふつう」、「はやい」に変更することが可能です。

こういうタイプのゲームでは、
この要素は重要で、色んな場所でのイベントを逃さずに、
ゆっくりじっくり遊ぶことができます。



new_005_20150210125450697.jpg
★ 行動範囲が広がらない

中盤からは、ある意味でルーティンワークと化してくるのですが、
そういうときに、新しいエリアが解放されるなどすれば、
刺激が生まれて楽しめますよね。

しかし、本作では、最初っから最後まで、
行動範囲がほとんど変わりません。
登場人物も、途中で増えたり減ったりもせず、
変化の乏しさが目立ちました。



new_007_201502101255087a9.jpg
★ 登場人物が多い

多いと言っても、たいしたことはないのですが、
クラスメイトが10人以上いて、
最初は誰が誰やらわかりません;

主人公は相手を知っている体(てい)で話が進むので、
やや置いてけぼりをくらいます。
同級生が多いため、身長なども似たり寄ったりになるため、
違いを認識しにくいんだと思います。

また、男の子だけの友情物語のような部分があるので、
女性には面白さがわかりにくいかも。



new_008_20150210125724ef2.jpg
★ 大人がいない違和感

登場人物が多いとは書きましたが、
自分の両親と同級生くらいしか出てきません。
これってすごく不自然です。

昔懐かしい舞台なら、もっと世代の違う人との交流もあったでしょう。
年下の友達もいれば、面倒見の良いお兄さんがいるかもしれない。
働いている人も出てこないので、
この町に人が息づいているという説得力が欠けています。

この問題点は、物語に深みが生まれないことです。
同世代だけの友達ごっこで完結してしまうのは、
少々物足りなさを感じてしまいます。



new_002_20150210130006495.jpg
★ タイミングのよくわからないミニゲーム

ミニゲームの中にいくつか、
タイミングよくボタンを押すタイプのゲームがあるのですが、
これがよくわからないんですよね。

タイミングを計り辛いうえに、
シビアな判定なので、何度やってもなかなか上手くいきません。
プレイヤー側が、どうして間違えたのかを自覚できないため、
上手くなりようがなく、困ってしまいます;




new_001_201502101300312f2.jpg
★ 夜の意味は??

本作は、学校終わりの放課後時間と、
夕食後の夜時間とに分かれています。

しかし、夜になると外に出られず、
寝室とリビングの2か所しか行動範囲がなくなるので、
何すれば良いの??という毎日が続きます。
もう思い切って夜パートはなくしてしまっても良かったのでは??




序盤の同級生との感動的なストーリーは、
気に入っていますが、
同級生に偏った登場人物や、
多くのミニゲームがあまり楽しめなくて、
いろんな部分でB級『ぼくのなつやすみ』という感じ。

しかし、世界観は素敵ですし、
プレイタイムが短いので(時間設定ゆっくりでも)、
サクッとノスタルジーに浸れる作品だと思います。


遊んだ時間◆8時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。

アマゾン:放課後少年
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。