スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VITAの機能を駆使したインパクトある作品。PSVITA『テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~』レビュー

ゲームレビュー
03 /21 2015

テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~ / ★★★★☆☆☆☆☆☆ 星4コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。

遊んだ時間◆8時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。


本日は、2013年発売PSVITA『テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~』の感想、レビューをお届けします。

『テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~』は、
VITAの機能を駆使して、ステージを奥へ奥へと進んでいくアクションゲームです。


2015-02-03-132429.jpg
☆ エフェクトや音まで!?紙の世界を大冒険

本作はゲームの中に登場するもの全てが紙でできています。
VITAのマシンスペックと相まって、
紙が生きている世界を冒険できるのは、
ゲームならではの体験です。

さらにすごいのが、建物だけでなく、
水しぶきや風などのエフェクトも紙で再現されていること。
紙はこんな風にも使えるのか、と感心しますね。

BGMが抑え目のため、
紙のめくれる音やくしゃくしゃっと折れる音もしっかり聞こえてくるのが、
また良いんですよ。



2015-02-03-134007.jpg
☆ VITAの機能を駆使した遊びがいっぱい

奥へ奥へと進んでいく本作の、
ゲーム的な特徴は、VITAの機能を駆使した遊びにあります。

背面タッチパッドを使って、ステージのギミックを動かしたり、
障害物をタッチ操作でどかしたり、
本体を傾ける、カメラでの撮影などなど、
新鮮味がありますね。

ゲームの画面内に巨大な指が出現するなんて、
とても奇抜で面白い発想です。



2015-02-04-224038.jpg
☆ 宝箱の探索要素

ステージには、宝箱が隠されていて、
一本道なステージクリア型のアクションですが、
探索も楽しむことができます。

中には、キャラクターからの依頼で、
ミニゲームを遊ぶこともありますよ。



2015-02-03-135254.jpg
☆ ゲームの中で疑似創作

ゲーム内では、紙を切り貼りして自分の作品を作ることができます。
作品は、キャラクターの体に貼りつけることができるので、
自分の創作物がゲームの中に登場するのは、ちょっと感動。

大人になると、なかなか紙で遊ぶ機会もないですし、
リアル世界だとゴミも出ますが、ゲームだと気軽に遊べて良いですね♪



2015-02-05-000555.jpg
★ これはダメでしょ!クリアしてないのに進んじゃう

このゲームには、ゲームオーバーがなくて
落下死しても、直前からやりなおすことができます。

それはリトライが優しいという意味で良いのですが、
ジャンプのタイミングを間違えて、ギリギリ届かなかったのに、
落下ポイントより進んだところからリトライすることがあります。

…いや、これはさすがにダメでしょ!!
クリアできてないのに先に進まれては困ります;



2015-02-04-224943.jpg
★ 現実世界の写真撮影はいらないかな

このゲームでは、時に、現実世界の写真を撮らされたり、
音声を録音させられたりすることがあります。

好き嫌いはあると思いますが、
せっかくペーパークラフトの素晴らしい世界観があるのに、
そこに現実世界の写真は必要ないと思います。
いいんですよ、自宅がカフェのようにオシャレであれば。
でも、実際にはテレビやパソコンのほか、
家電もあるため、生活感が漂います。
そんな写真が紙の世界に登場するのは、世界観が壊れてしまいますね。

自分の顔の撮影も、女性であれば、
すっぴんでゲームを楽しんでいるマヌケな顔をゲーム内に登場させられるのは、
流石に羞恥心が働きます

お子さんには良いのかもしれませんが、
こういう好みが分かれる機能は、
必須ではない方が優しいかな。



2015-02-03-205048.jpg
★ 創作には向かないタッチ操作

スマホで文字を書いたことがある方なら理解が早いと思いますが、
指でのタッチ操作は、繊細な作業には向いていません

例えば、円を描こうとしても、
始点と終点が交わらないこともしばしば。
紙を切り貼りする遊びは面白いですが、
VITAのタッチ操作では快適性がイマイチでした。


2015-02-04-225816.jpg
★ ラストの締りが悪い

「いつの間にか終わってた」
このゲームをクリアした時の率直な感想です。

ゲームのラストって、だいたいが、
「これが最後なんだ」と意識しながら、ラスボスや、
最終ステージに挑むものですよね。

しかし、本作ではそういうことがなく、
知らぬ間にエンディングを迎えていて、
どこに盛り上がりがあるのか良く分からなかったかな。



2015-02-04-230608.jpg
★ 斬新なギミックは飽きが早い

VITAの機能を駆使した斬新なギミック。
ユニークで面白いとは思うのですが、
慣れてしまえば飽きも早くて、中盤以降は退屈に感じました。

このゲームはボリュームが少ないのですが、
個人的には、飽きてきていたので、このくらいでも良かったかなと思います。

インパクト重視で、一度クリアしたら、
もう一度遊ぼうとは思えなかったなぁ。



可愛い紙の世界観はとても魅力的で、
VITAの機能を使った遊びもチャレンジ精神が見えて好感が持てます。
一風変わった、コンパクトなゲームを遊びたいときには良いかもしれません。

ただ、定価を考えると割高に感じました。


アマゾン:テラウェイ ~はがれた世界の大冒険~
関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。