スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぁ~、すごく64っぽい!N64『バンジョーとカズーイの大冒険』速攻レビュー

速攻レビュー
03 /03 2015

本日は、懐かしの64ソフト『バンジョーとカズーイの大冒険』の感想を速攻レビューとしてお届けします。


new_001_2015020415545787b.jpg
64テイストが懐かしい

大好きなゲームはいくつかあるものの、
あまり数を遊ばなかったニンテンドー64。
私の中で、64ソフトって色彩に特徴があると思っていて、
独特の空の青、草の緑、大地の茶色をふんだんに使った『バンジョーとカズーイ』も、
「あぁ~、64遊んでる!」という気分になります。

なんか懐かしいですねー。
時オカとか、また遊びたくなります。



new_002_201502041554583e5.jpg
「ジグソー」を集めるマリオ64風ゲーム

このゲームは、拠点となる大きなマップに、
いくつものステージの入り口が用意されています。
各ステージでの収集アイテムを一定数集めることで、
最深部へ進むことができ、新しいステージ挑戦できるという具合ですね。

各箱庭マップに隠された、
「ジグソー」というアイテムを集めていく、
いわば、『スーパーマリオ64』のようなゲームです。

このゲームは、海外のゲーム会社が作っているということで、
キャラクターのデザインや会話のやりとりなど、
ちょっとクセのある印象かな。



new_002_20150204161111864.jpg
アクションのバリエーションが豊富!

そんな『バンジョーとカズーイの大冒険』の特徴は、
主人公のアクションのバリエーションが豊かで、
動かす楽しさがあることですね。
ボタンの組み合わせによって、沢山のアクションが使えるので、
最初は覚えるのに苦労しました;

ジャンプ、体当たり、ヒップドロップ、
のよくあるアクションの他にも、
2段ジャンプ、坂道を歩けるアクション、空を飛ぶ、宙返り、
そして、特定のステージでの変身などなど、
ゲームを進めるごとに、アクションも増えていくようですし、
どんなことができるようになるのか楽しみ!

各ステージでは、特定のアクションがキーになることがあるので、
「どのアクションを使おうか」を考える楽しさがありますね。
色んなボタンの組み合わせが必要になるので、
逆に、3Dアクションが苦手な人には、
操作が難しいゲームかもしれません。
私も、結構戸惑っています。w



new_001_2015020416054747a.jpg
収集アイテムが多い

また、収集アイテムが多いのも特徴ですね。
先ほど紹介したジグソーのほかに、
ステージに100コある「オンプ」
5つ集めるとジグソーがもらえる「ジンジョー」
集めると最大体力が増える「ハニカム」

収集要素とは違いますが、
特定のアクションに必要な「赤いハネ」「タマゴ」など。
ステージの至る所にアイテムが散らばっているため、
ついついアイテム目指して寄り道してしまいます。

中には、見つけるのが難しいものがいくつもあり、
ステージを隅々まで探索する意味がちゃんとあるのが嬉しいところ。



new_001_20150204161049bab.jpg
1死が重い。1プレイが長くなる

少し遊んで気がついたのは、
1プレイが長くなるということ。
ステージで一度集めた「オンプ」や「ジンジョー」は、
ステージを出たり、死んでしまうと、
リセット
されてしまいます。

つまり、1ステージで全てのアイテムを集めるまで、
ゲームをやめられないということ。
これは、現代では少々厳しいですねー。
死んでもリセットされてしまう(ゲームオーバーではなく)ということで、
一死が重く、緩急でいうところの、
”急”の要素が強い「本気ゲーム」っぽいのかも。

そして私は、辛くなってきちゃう「本気ゲーム」が苦手です!;

特に、ステージに100コもある「オンプ」を、
1度も死ぬことなく、集めきるのは至難の業です。
(一定数集めないと次のステージに進めない)



アクション数と収集要素が多いマリオ64という感じかな!
普通に楽しい3Dアクションですが、
それ以上の感想はまだ持てていないですね。

実は、このゲームを遊んでみて、
自分の好みについて気づいたことが多いんですよ。
まぁ、その話はまた後日!

アマゾン:バンジョーとカズーイの大冒険
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
あ、すみません;
正直言うと、ずいぶん前にクリアできました*
私は、同じステージをやり直すのが億劫で、
割と初見時に集めるようにしていました。
それでも、なかなか100個には届きませんでしたが^^;

終盤になると、オンプ、ピース共に足りなくなって、
結局もう一度やり直したんですけどね*

濃いキャラクターは特に気にならなかったのですが、
そうですね、今遊ぶのとリアルタイムで遊ぶのとは、
随分印象が違うんだろうなぁと思っています。

No title

今はどこまで進めましたか?
音符集めは当時からリセットされる仕様に悩まされましたが、
これはコンプリートする必要はありません。
序盤は気楽に集めて、ある程度進めたら80~90枚くらいまで頑張ってみてください♪

このゲームはほぼリアルタイムでプレイしましたが、かなりお気に入りの一本です。
ですが、濃いキャラクターや今では厳しい音符の仕様。
そして数多くのフォロワータイトルが発売されたいまだとまた受ける印象が異なるかもしれません。

ちなみにXbox360でもリメイクされて、
そちらでは音符の数はセーブされるようになっていますよ。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。