スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上映作品多数!!2015年2月の注目映画紹介

来月のゲーム、映画紹介
01 /31 2015
new_画像 042p


[2月6日(金)公開]
tya-ri-morude.jpg
チャーリーモルデカイ

インチキ美術商の主人公が、財宝の謎が隠された絵画を巡る争奪戦に巻き込まれる。
ちょびヒゲのジョニー・デップが印象的。



[2月7日(土)公開]
ta-toruzu.jpg
ミュータント・タートルズ

アメコミ、アニメで人気を博したカメのヒーローの実写映画化作品。
マイケル・ベイ監督ならではのアクションが見所。


hajimarinouta.jpg
はじまりのうた

心に傷を持ち、バーで歌っていた女性が、
音楽プロデューサーを名乗る男との出会いよって…。
キーラ・ナイトレイが出演。



[その他]
・ Mr.Children REFLECTION

・ マンゴーと赤い車椅子




[2月13日(金)公開]
mu-min.jpg
•劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス

フィンランドの人気キャラクター”ムーミン”の長編アニメーション。
バカンスのために海を訪れたムーミン一家が、
ささいなことをきっかけにバラバラになってしまう様子を描く。


[その他]
・ フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ



[2月14日(土)公開]
itamuhito.jpg
悼む人

死者を悼むため全国放浪の旅をする男性を描くドラマ。
高良健吾、石田ゆり子が出演。



otokonoissyou.jpg
娚の一生

人気コミックを実写化した大人のラブストーリー。
榮倉奈々、豊川悦司出演。



misonoyuniba.jpg
味園ユニバース

関ジャニ∞・渋谷すばるの初単独で映画主演作品。
歌う以外の記憶を喪失した男が、
とあるバンドマネージャーの少女と出会い、己を見つめ直す。
渋谷すばるの他、二階堂ふみが出演。



[その他]
・ テラスハウス クロージング・ドア

・ リトル・フォレスト 冬・春



[2月20日(金)公開]
hanatoarisu.jpg
花とアリス殺人事件

2004年に公開された『花とアリス』、初の長編アニメーション作品。
前作では描かれなかった2人の出会いも描いている。
引き続き、アリスを蒼井優、ハナを鈴木杏が声優として参加。



kittohosinosei.jpg
きっと、星のせいじゃない。

ガン患者の集会で出会った若い男女が恋に落ち、
憧れの作家と対面しようとオランダへ旅する姿などを追う青春ロマンス。



[2月21日(土)公開]
amerikansunaipa-.jpg
アメリカン・スナイパー

アメリカ軍で最も強い狙撃手と呼ばれた、クリス・カイルの自叙伝を実写化したドラマ。
『ミリオンダラー・ベイビー』などのクリント・イーストウッド監督作品。



nattujobu.jpg
ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!

ナッツ店に侵入したリストネズミのコンビが、
そこを根城にするギャングに戦いを挑むアニメーション。



[2月28日(土)公開]
kutibiruniuta.jpg
くちびるに歌を

アンジェラ・アキ『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』を題材にしたドキュメントから着想をえた小説の実写映画。
新垣結衣が出演。


saihatenite.jpg
さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~

故郷の能登でコーヒー店を開いた孤独な女性と、
近所に住むシングルマザーの触れ合いを描いたヒューマンドラマ。
永作博美、佐々木希が出演。


[その他]
・ 幕が上がる
人気アイドル「ももいろクローバーZ」が主演を務めた青春ドラマ。

・ シェフ 三ツ星フードトラック始めました
究極のサンドイッチを売る旅をする元一流レストランのシェフを演じるドラマ。

・ 振り子~furiko~
鉄拳のパラパラ漫画『振り子』を題材にしたヒューマンドラマ。
中村獅童、小西真奈美が出演。

・ 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル



2月は、寂しかった1月の公開スケジュールとは打って変わって、
上映作品が多い月となりました。
ビッグタイトルこそ少ないものの、
小粒な作品が多数公開になります。

洋画では『チャーリーモルデカイ』、『ミュータントタートルズ』がメイン。
2月はアカデミー賞も発表されますので、
旧作が再浮上してくる可能性も秘めています。

話題で言えば、若者に圧倒的な支持を受けたテレビ番組の劇場版、
『テラスハウス クロージング・ドア』でしょうか。
きちんとプロモーションすれば、番組終了からの熱の冷めを挽回できそう?
どの程度の興収になるのか気になります。

個人的に注目しているのは、
『きっと、星のせいじゃない。』、『花とアリアス殺人事件』の2つ。
どちらも劇場に観に行くほどではありませんが、
2015年は、ひと月に1本劇場鑑賞すると決めているので、
どちらかは観に行きたいと思っています。
そう考えると『チャーリー・モルデカイ』もアリだなぁ。

邦画は小粒感が漂うかな。
大作でないというだけで、ほっこりできるヒューマンドラマが多い印象です。
気になったものがあれば、劇場に足を運んでみては?


★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。