スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雰囲気最高のダウンロードソフト風ゲーム!Wii『FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~』レビュー

ゲームレビュー
02 /14 2015

FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~ / ★★★★★★☆☆☆☆ 星6コ
※平均点5 を基準に、加点、減点して評価しています。


本日は、2009年発売Wii『FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~』の感想、レビューをしたいと思います。

『FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~』は、
暗闇のフィールドをライトで照らしながら奥へ奥へと進む、アクションRPGです。


new_003_20150121132517b55.jpg
☆ 廃墟の雰囲気の良さがピカイチ

このゲームの一番の魅力は、この世界観だと思います。
朽ち果てた商店街、ホテル、綺麗な夕焼け、真っ赤なタワー。
どこも絵になる綺麗な風景ばかりで、
そんな世界をじっくり探索できる本作は、
それだけで一定の価値があると思います。

本作は、BGMはあまりなく動作音のみで、小説のような語り口も手伝って、
寂しげな雰囲気を存分に楽しむことができます。


new_004_2015012113255218d.jpg
☆ Wiiリモコンとマッチした操作

本作は、暗闇の中をライトを照らしながら進むゲームですが、
Wiiリモコンをライトに見立てて、ポインター操作で遊ぶため、
ゲーム内容ととてもマッチしています。

そのおかげで、まるで自分が、本当にその世界で遊んでいる感覚になれるんですよね。
ゲーム中には、Wiiリモコンから音声が聞こえてきたり、
Wiiリモコンを耳に近づけると、ヒントをもらえるなど、
「ならでは」の使い方がなされていて、
好感が持てました。



new_002_20150121132624e10.jpg
☆ 能動的な探索が楽しい

残念ながらこのゲームは、万人が面白さを感じられるものではないと思います。
そこで重要になってくるのは、「この世界をいかに楽しめるか」です。
明るい世界観であれば、ただ通り過ぎてしまう背景も、
暗闇に隠すことで、ライトで照らし、じっくりと眺める楽しさが生まれているので、
楽しむための素材は揃っていると思います。

先ほども書いたように、世界観は抜群に良いですし、
朽ち果てた壁には、落書きや絵が色々描かれていて、
そのひとつひとつをライトで照らすと、
新たな発見があり、世界観をより深く楽しむことができます。


new_007_201501211326542e7.jpg
★ 暗闇を活かした探索の欠如

暗闇をライトで照らして進む。
そのゲーム性は、私は嫌いではありませんが、
残念なのは、暗闇を活かした探索が用意されていないことです。

先に進むのに必要なアイテムは暗闇の中に光っていて、
わかりやすくなっているため、
極論になりますが、別に暗闇である必要がありません

せっかく暗闇の世界にするならば、
扉を開く暗号を、部屋の壁に書いて隠して、
ライトで照らしながらその文字を探すなど、
いくらでもアイデアはあったはず。
それらが用意されていないので、
ただ雰囲気を楽しむゲームになってしまっているのが残念ですね。


new_005_20150121132754373.jpg
★ 暗くて目が疲れる

これは、特に序盤の話なのですが、
暗いとは言っても、ほぼ真っ暗な状態が数時間続くため、
目が酷使されて、疲労感があります。

中盤以降は、明るい屋外と暗い屋内が交互に登場するため、
気にならなくなりますが、
序盤にもその気遣いがほしかったですね。



new_003_20150118132149ab1.jpg
★ 中盤のホラー要素

雰囲気の良さを楽しむために、このゲームを遊ぼうとしているあなた!
ちょっと待った!
このゲームは、ホラー要素が強かったりします。
というのも、白い服を着た髪の長い女性が敵として襲い掛かってきたり、
Wiiリモコンから突如声が聞こえて来て、
敵がにゅっと姿を現したりして、
ビクッ!とする瞬間がいくつもあり、
「これってホラーゲームなの!?」と思ってしまうことがありましたね;
(私はホラーが苦手)

特に、中盤は廃ホテルが舞台になるのですが、
死角も多いし、敵も沢山出てくるので、
バイオハザードを遊んでいる気分でした;


new_001_20150121132816cd9.jpg
★ 終盤は直線的でゲーム性が薄い

終盤になると、ストーリーを進めるためか、
奥へ奥へと突き進んでいくことが多くなり、
ホラー要素も感じなければ、廃墟をじっくり眺める雰囲気の良さも薄くなるため、
一気に退屈になってしまいます。

このゲームは、ゆっくり歩いて進みたくなる世界観が魅力だと思うのですが、
変わり栄えのしない直線の道がずっと続いてしまっては、
良さを殺してしまっているようなものですね。

後半は、ストーリーが主導になるので、
ストーリーが好みにハマれば問題ないかもしれません。



このゲームはパッケージタイトルなので、
悪い意味で「良いダウンロードソフトだな」という感想です。
プレイ時間もそれなりですしね。

個人的には、そこそこ楽しめましたが、
熱中するとか、そういう類(たぐい)の面白さではなくて、
雰囲気を存分に感じられたという「癒し」の意味が大きかったです。


遊んだ時間◆12時間

☆ ゲームレビューをまとめて見るには、ゲームレビュー一覧をどうぞ。
アマゾン:FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
ほんとですね!珍しい(?)w
私、レビューするときは、面白さで加点、不快や苦痛を感じると減点するのですが、
このゲームは、「もったいないなぁ~」と思うことはあっても、
特に、不快も苦痛もなかったんですよね。
ゲーム的には、悪くはないけど、特別良くもなくって、
でも雰囲気の良さを加点材料にすると、こんな評価かなー。と。
さすがにこれが、20時間超の大作なら困りますが、
サクッと楽しむ分にはアリかと思いました*

珍しく(?)わにやまさんの方が評価高くなってますねw
本当に割りきってプレイしないといけませんね。雰囲気ゲームは絵作りばかりを優先してしまって、ゲーム性が薄くなりがちなのが難点です…。と言いつつも毎回、雰囲気の良さに惹かれて色々買ってしまいますがw ダウンロードタイトルだとお手軽ですからね。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。