スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログな探索はお好き?『FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~』速攻レビュー

速攻レビュー
01 /27 2015

本日は、Wii『FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~』の感想を速攻レビュー」としてお届けします。

new_001_20150118132146664.jpg
廃墟な世界観が素敵

本作は、廃墟と化した建物を探索しながら奥へ奥へと進んでいくゲームなのですが、
この廃墟っぷりがなかなか素敵です。

どこも哀愁を感じさせる寂れ具合で、
思わず立ち止まって背景を眺めたくなります。
基本的にはBGMがなく、自分の足音が響き渡るのみ

『ぼくのなつやすみ』などでも同じことが言えますが、
世界観が素敵。というだけで、ある程度の感動が味わえます



new_003_20150118132149ab1.jpg
Wiiリモコンをライトに暗闇を進む

さて、肝心のゲーム内容ですが、
真っ暗な世界を、ライトで照らし、ヒントを見つけながら、
時には敵と戦いながら進んでいきます。

この「ライト」をWiiリモコンに見立てているのが良いですね。
ポインター操作でリモコンを向けたところが明るくなる。
実際に、廃墟の世界で探索している気分になれます。

暗闇の世界だからこそ、この手探り感あふれる探索が楽しく感じられるんですよね。
最初から明るければ、ただ走り抜けてしまうような場所も、
暗闇に隠されていることによって、
じっくり世界を眺めてしまいます。


new_002_2015011813214844c.jpg
▼ 能動的にこの世界を楽しむ

実は、ゲームの進行上必要な場所やアイテムは、
薄暗く光っており、とてもわかりやすくなっています。
なので、クリアだけを目的にすると、簡単で単調に感じると思いますが、
本作の魅力は「この世界を楽しむ」ことにあると思います。

例えば、上の画像。
クリアには全く必要のない、ただの床なんですが、
よく見ると文字になっています。
一字一字をライトで照らしていくと、その全文が浮かんできますね。
「ようこそ麻布台駅」
さっきも言いましたが、クリアには全く必要がないので、
だからどうした!?って感じかもしれませんが、
こういう発見、好きなんですよ。
ついつい、いろんな場所をじっくり観察したくなります。

こういう能動的な探索を楽しめれば、
このゲームは面白くなると思います。



new_004_20150118132151798.jpg

ダウンロード専売ソフトみたい

まだほんの序盤なので、簡素な敵との戦闘にも、飽きていませんし、
わかりやすい進行ヒントよりも、世界を眺めることが楽しいので、
感触は良いです。

しかし、悪い意味で感動がダウンロード専売ソフトのようと言いますか…。
PS3の『rain』のように、雰囲気を楽しみながら、
遊んでいるという感じで、
この先どうなるかはわかりませんね。



幻想的な世界観や小説のような語り口など、
雰囲気はとことん良くて、今はその世界に浸って楽しめています。

最後までこの感動のまま終われると良いですね!


アマゾン:FRAGILE(フラジール) ~さよなら月の廃墟~
関連記事

コメント

非公開コメント

Re:

◆kentworldさん◆
この後も遊び続けて、色々と思うことはありました;
ゲームの内容にはさほど期待しておらず、
雰囲気が楽しめれば良いかなぁ~。と思っていたので、
ガックリとくることはなかったです*
私も、勿体無いと思うことは多々ありますけどね^^;

このゲームは当時凄く期待していて、発売日に買いました。雰囲気は凄く良いんですけどねー。なんだか色々惜しくて勿体無く感じました。

もうあれから6年になるのか…
実は最近、改めてレビューしようか考えていました(笑)

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。