スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細田守監督最新作が決定!ミニオンズの日本語予告も公開!ゲーム、映画情報をお届け

情報いろいろ
12 /13 2014
[ゲーム]

『FF10/10-2 HD』『FF7』が2015年春、PS4に登場!

PS4向けの『ファイナルファンタジーX/X-2 HD リマスター』と、
『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』が2015年春に発売予定であることが明らかになっています。

『7』については、少し前に海外での発売が決定していましたが、
今回、日本での発売も決定したということになります。

ものすごーく素人目ですが、インターナショナル版とはいえ、
どこが変わったのかあんまりわからないですね;
この作品がコンシューマー向けに発売されるということは、
ずっと望まれているリメイクを、
この先10年内に期待するのは厳しくなりそうかな?

PC版はちょっと…。と思って、
インターナショナル版を遊んでいなかった人には良い機会かもしれません。
しかし、2015年春のPS4はなんだかすごいですねー。
日本での普及はもうすぐそこに来ているようです。




[映画]

細田守監督最新作『バケモノの子』特報が大公開!

『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』などで知られる、
細田守監督最新作のタイトルと特報が公開になっています。
タイトルは『バケモノの子』

『バケモノの子』は、人間界”渋谷”とバケモノ界”渋天街(じゅうてんがい)という
交わるはずのないふたつの世界に生きる、
ひとりぼっちの少年“九太(きゅうた)”と
ひとりぼっちのバケモノ“熊徹(くまてつ)”の出会いが描かれる“新冒険活劇”。

監督によると、
「親と離ればなれになった少年が、バケモノと出会って修行するという“修行もの”」
ということで、アクションシーンもたくさん盛り込まれているとのことです。
舞台は渋谷となっていて、刀を持った獣と、
スクランブル交差点のミスマッチさが斬新なポスターも公開になっています。

また、本作はフランスを始め世界での配給も決定しています。

安直な考えだとわかっていて言いますが、既視感は覚えますね。
方向性が違っているとはわかっていても、
『おおかみこどもの雨と雪』と似通っている部分があるので、
連続して、獣と人間というテーマをぶつけるのは新鮮味に欠けるようにも思います。
ま、細田監督にはハズレがないので、
今回も面白いのだと思いますが。
これは劇場に観に行きますよ!

公開は、2015年7月11日を予定。





ゲームで目の肥えたあなたの評価は?『アップルシード アルファ』本予告編公開

『攻殻機動隊』などの史郎正宗監督の漫画を原作としたシリーズ最新作。

予告編では、その映像のすごさをアピールしていますが、
そもそも、フルCGのフォトリアルな映画ってあまり製作されないので、
物珍しさも手伝っているように思います。
逆に、ゲームではフルCGのフォトリアル系が溢れていますから、
目の肥えた皆様の目に、この映画の映像はどう映るのでしょうか?

私は、普通に「すごいなー」と感心しましたが。




2分半でホビットがわかる?『ホビット』3部作ダイジェスト映像が公開

『ホビット 決戦のゆくえ』を前に、ホビットを振り返ることができるダイジェスト映像が公開になっています。

しかし…、全くホビットを見たことがない人が、
このダイジェストを見て、完結篇に挑めるかというと、
無理があるような…?
あらすじを教えてくれるわけでもないので、
このダイジェスト、意味あるのかな?;





改めてどうぞ!『ミニオンズ』日本語版予告が公開

以前に海外版を紹介した『ミニオンズ』の日本語版予告が公開になっています。
相変わらずミニオンたちは何を言っているのかわかりませんが、
ナレーションが日本語になっているので、ストーリーを理解しやすくなっていると思います。



erusano.jpg
『アナ雪』新作短編の邦題が決定!

実写版『シンデレラ』と同時上映される『アナと雪の女王』の新作短編の邦題が決定しています。
決定したタイトルは『エルサのサプライズ』
内容が、アナの誕生日をエルサが祝うというものなので、
わかりやすい邦題になりました。

ちなみに、声優のキャストについては現在未定
神田沙也加と松たか子の続投に期待の高まるところですが、
おそらく、続投になると見ています。
とうのも、本家である英語版キャストの続投が決定しているので、
日本語版がキャスト変更する意味がありませんからね。

ひとつ気がかりなことがあるとすれば、松たか子さんが妊娠されたことでしょうか。

『シンデレラ』の公開は、2015年4月25日。




マクドナルドの映画が始動!

マクドナルドの創業者の成功までの道のりを描いた、
『ザ・ファウンダー(原題) / The Founder』が製作中となっています。

最近、日本では業績が芳しくないマクドナルドですが、
世界的に展開されているファーストフード店の創業を、
映画で見られるのは少し興味がありますね。



[その他]
・ miwaの新曲『360°』がドラえもん映画主題歌に決定!

・ ミスチルのファンクラブ限定ツアーが映画に!2015年2月公開





new_001_2013121603452905c.jpg
▼ 「知らない」は「ない」と同義?

先日、アーティストのYUKIさんの昔の曲が流れていて、
友人たちが、
「そういえば、最近YUKIって曲出してないよね?」
「せやなぁ、休業中なんじゃない?」
という会話をしていました。

私は、そんなに仲の良い方でもなかったので、
何も言わなかったのですが、
つい2か月前にアルバム出してるんだけどな;
と思っていました。

この時に、「知らない」というのは「存在しない」というのと同義なんだなぁ。と思いました。

知っている者としては、寂しいですが、
これが現実なんですよね。

私の中にも存在していない事象が沢山あるでしょうから、
何事も、知らないということを知っていなければいけないなぁと思います。

最後はなんだかソクラテス(哲学者)の話になっちゃいましたね。笑
うん、でも適当な発言する人は信用ならないので、
わからないものは、わからないと言わなきゃダメです。



new_001_2014111917043914c.jpg

◆音楽問題◆
miwaさんの『441』という楽曲がありますが、
この『441』ってなんのこと?

① チューニングの周波数
② 昔の郵便番号
③ 楽曲につけられたコードネーム
④ 思い出の年月日

正解は…、

















① チューニングの周波数 でした。
miwaさんの曲ではこの曲が一番好きです♪




★ツイッターにて更新案内しています

関連記事

コメント

非公開コメント

Re: タイトルなし

◆kentworldさん◆
> アップルシード アルファ
あぁ!確かに、フォトリアルと美形キャラは日本ならではの組み合わせですね!
ゲームでも、映画でも、日本人が作ると美形キャラになるというは面白いなぁ。
日本人独特の感性なんでしょうか?

> YUKI
YUKIさんは、ドラマチックや長い夢などの、
いわゆる、有名な曲が沢山発売されていた頃から、
作曲家の方が変わっているので、テイストが少し変わりましたよね。
今の曲も聞き込むと素晴らしいですが、
「一度聞けば忘れない」という掴みが弱いのかな?と感じています。

> miwa
kentさんも『441』がお気に入りでしたか!
あの曲は繰り返し聞いてもなかなか飽きなくて、
とても好きでした。
アルバムを借りるきっかけになりましたね♪

アップルシード アルファの予告映像観ました!確かにゲームではフォトリアルな映像って珍しくありませんが、国産では珍しいので、この映画はフォトリアルと美形なキャラクター造形の組み合わせが少し新鮮に感じました(^^)

YUKIさんは以前よりは注目されなくなりましたが、今年リリースされた誰でもロンリーはそこそこ有線で流れていたので覚えています♪

miwaさんの曲では僕も441が一番好きです。丁度夏にリリースされたので、夏の夜によく聴いていました。この頃から注目されるようになりましたよね。

わにやまさん

移転しました。
↓移転先で絶賛更新中!http://waniyamasan.com/

↓更新案内しています↓

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。